小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アウクシュタイティヤ国立公園:リトアニアで森ガール。

森ガールトップ

リトアニア共和国/イグナリナ、アウクシュタイティヤ国立公園
(2010年6月19日~6月21日)


ヴィリニュスからイグナリナ、森と湖の国立公園へ。
東欧の森で森ガールしてきました(もちろんにちこさんが)。







ちょっと居心地の悪かったヴィリニュスのユースは、
朝イチバンでそそくさとチェックアウト…。

町を飛び出して、自然の中へ。
森と湖の国立公園へ移動します!
というわけで、ヴィリニュスのバスターミナルから
イグナリナという町行きのバスに乗って出発!です。




イグナリナ行バスは、10:00発で1人10リタス(約350円)。
約2時間で、イグナリナの町に到着します。

イグナリナは、ほんとに小さな町で、
ややさびれていました。

イグナリナバスターミナル

着いたときは、ちょうど雨もふってて、
じゃっかんテンションも下がり気味…
しかもそんなぼくらに、2人の酔っぱらいが…笑

酔っぱらってる上に、リトアニア語なので言葉もわからず、
最初はからまれているんだと思いました。

でもどうやら、
「ここから国立公園に行くのか?だったらタクシーはこっちだぞ」
ということを教えてくれようとしているみたいだったのですが、
1人はホントにからんで来てたっぽくもあり、
もう1人のおっちゃんは、ぼくらに親切にしてくれようとしてるのかどうか、
なんだかよくわからないうちに、
2人で「おれが教えるんだよ!」「お前こそひっこんでろ!」
とドツキ合いになっちゃって、ぼくらはドン引きです。

まあたぶん、からんで来てた方は、
タクシーに案内してチップをもらいたかったのかもしれません。

ぼくらはバスで行きたかったんですけど、
どうやらバスが来るのは2時間後らしく、結局タクシーへ。

親切だったほうのおっちゃんは、
「ようやくわかってくれたか!」と嬉しそうでした。
GOOD!と親指を立ててぼくらを見送ってくれました。
それでやっと、「ああ、あのおっちゃんはただの親切な人だったのか」
と気づけたほど、おっちゃんたちの親切心は、
わかりづらかったのでした。笑

そうして、イグナリナからタクシーで、
アウクシュタイティヤ国立公園へ。




パルーシャというのが、
国立公園でぼくらが泊まろうと思ってた場所です。
タクシーで12リタス(約420円)、10分ぐらいの距離でした。

国立公園ツーリストセンター

ここに、国立公園内のツーリストセンターがあって、
宿泊可能なバンガローがあります。

国立公園バンガロー

じゃっかんボロっちいバンガローだったけど、
1人22リタス(約770円)と、ちょっと高めです。

ツーリストセンターの建物のほうにも部屋があるみたいで、
共同のトイレとシャワーはそっちにありました。
シャワーは使いませんでしたが。

レセプションのおばさんは英語がわからず、
身振りで手振りでコミュニケーションして、
とりあえず1泊。

雨はさっきよりもひどくなってて、
こりゃダメかな~と思ってたら、
しばらくするとやみました。




雨がやんだので、外を歩いてみることに。

国立公園木造教会

ツーリストセンターのすぐ近くに、
木造の教会があります。

中には入りませんでしたが、
木の十字架や、マリア様や、お墓なんかが
独特の雰囲気を醸し出してました。

その教会から見える、
湖のほうへ降りて行ってみます。

国立公園住宅地

パルーシャの町の住宅です。

ちいさな屋根のついたのは、井戸です。
各家庭にあるみたいでした。
なかなかかわいらしい。




少し歩くと、教会から見えた湖の湖畔に出ます。

国立公園湖畔1

曇ってたのでちょっとどんよりとしてますが、
静かで、イイ感じです。

湖畔沿いの道を散歩してみました。

国立公園湖畔2

ボートが並んでたり、花が咲いてたり。

そして発見!

国立公園湖畔3

野いちごです。
しかも食べれます。しかも美味しい!

ちょっとすっぱくて、けっこう甘くて、
しかも摘みたての野いちご。
ちょっと贅沢な気分になれました。




湖畔の道の途中で、違う道にそれてみると…

国立公園森01

しっとりとした森が広がっていました。

国立公園森02

雨に濡れた森は、かなり素晴らしい雰囲気だったのですが、
残念なことに、ぶーさんの写真ではあまり雰囲気が伝わらない…
すいません。泣

国立公園森03

ほんと、イイ感じだったんです。

地面はコケにおおわれていて、
歩くとフカフカで、
湿った空気と、森厳…とまではいかないけど、
それっぽい雰囲気に満ちあふれていました。




更に歩いて行くと…

国立公園山小屋

山小屋があったり、違う湖が現れたり。

このアウクシュタイティヤ国立公園には、
大小あわせて126もの湖があるんだそうです。

国立公園別の湖

フツウは、車とか自転車とか、
はたまたカヤックで湖から湖へ漕いで渡ったり
するらしいんですけど、いかんせんぼくらは徒歩なので、
3つか4つぐらいしか見れませんでした。

でも、充分満足出来た国立公園でしたけどね。

更にあるくと小さな町が。

国立公園小さな町

この辺を歩いてたとき、
自転車ですれちがった男の人が、
「ハーイ!」と言ってくれてちょっと嬉しかったです。
なぜかっていうと、リトアニアに入ってから、
あまり人の優しさに触れられてなくて、
ちょっと、人はあんまりよくないのかな~リトアニアは…
なんて思ってたんです。

でも、自転車の男の人は挨拶してくれたし、
宿でも、隣のバンガローの人が、
「釣りはやったか?オレはこんなにデカイの3匹釣ったぜ!」
なんて自慢してきてくれたりして、
ちょっとほっとしたのでした。

初日はそんな感じで、プチトレッキングしました。

野いちごもこんなに食べれたし!

国立公園湖畔4

なかなかイイ感じです。

ちなみに、一度宿に戻って、
それから歩いてイグナリナの町のスーパーまで行って、
ビールとか買って、また歩いて宿まで戻りました。

けっこうな距離を歩きましたです。




1泊目はバンガローに泊まって、
翌朝、湖畔で朝食をとったりなんかしてみました。

国立公園湖畔の朝

朝は晴れてて、湖畔も奇麗でした。

国立公園朝ごはん

このカモメが、ずーっとぼくらの朝ごはんをねらってました。
一度、2人とも食料のそばを離れちゃった時に急襲をうけて、
あやうくパンを盗られそうになりました。笑

朝ごはんの後、チェックアウト。

2泊目は、
イグナリナにユースホステルがあるらしかったので、
そっちに移動してみます。

この時は、荷物もあったし、
おとなしくバスでイグナリナへ。

バスは1人1.5リタス(約50円)、10分ぐらいで着きます。

バス停車場から歩いてユースへ。

ところが、その目当てのユースが閉まっていました!

がーん、どうしよう…と思ってたら、
その、ユースの建物はアパートか何かとの
併設施設だったみたいで、ベランダからこっちが困ってるのを
心配そうに見ててくれたおじさんたちのうちの1人が、
わざわざ下りてきてくれたんです。
この人は英語がしゃべれました。

そして、ユースの管理人に電話してくれたりして、
(それで閉まってるのがわかったのですが)
やっぱりシーズンオフで閉まってるから、
代わりの宿があっちにあるよ、
えーと場所は…
ていうか車で送って行こうか?
いいよいいよすぐだから。

なんて言って、
わざわざ車を出して、もうひとつの宿まで、
送ってくれたんです。

や、やさしすぎる。泣

そのやさしすぎるお兄さんが車で連れてってくれたのは、
(ほんとにすぐ近くでした)
なんと、市民プールみたいな、
サウナとプールの公共施設でした。

イグナリナ市民プール

その中に宿泊施設もあって、
そこに泊まれると言うのです。

受付のおばさんに話をしてくれて、
2人で100リタスと言われたからぼくらが躊躇してると、
高すぎる?と聞いてくれて、
またどこかに電話をかけてくれて、
学生料金にしてくれちゃいました。
2人で70リタス(約2450円)。

お兄さんには本当に感謝です。
お礼を言って、ここに1泊しました。

部屋はめちゃめちゃキレイでした。
WIFIはないけど、シャワーとトイレも部屋についてて、
こちらもかなりキレイ。
泊まってるのはぼくらだけです。

イグナリナ市民プール2

なんだか面白いとこに泊まってしまいました。




昨日シャワーを浴びなかったので、
シャワーをあびて、ちょっと休憩。

そのあと、ひさしぶりににちこさんに
ぶーさんは髪を切ってもらいました。

キレイな部屋だと、申し訳ないけど
髪を切った後の掃除がしやすいので…。

ところが!
いつもは上手に切ってくれるにちこさんは、
このときはなぜか、ぶーさんの前髪っていうか、
おでこの上のほうだけ少し短くきりすぎて、
なんだか、髪がうすい人みたいに…。

イグナリナ散髪

まあ、別に気にしませんけどね。

散髪した後、
スーパーまで散歩です。

イグナリナ民家

宿の周りの住宅です。

イグナリナスーパー

スーパーMAXIMA。
東欧ではあちこちにこのMAXIMAがあります。

ビール0

ビールのビンを返すと、
0.5リタス戻ってきます。

イグナリナ市場

イグナリナのちっちゃな市場をのぞいてみたり。

そんなこんなで2泊目は、
市民プールで1泊しました。




翌朝、ちょっと2人で相談して、
昨日ぜんぜん森に行けなかったので
もう1泊することに。

そしてスーパーで見つけた、
針と糸とオモリだけの釣り具セットを購入。

今日は、湖で釣りをしてみたいと思います。

竿は棒っきれです。
エサは、パンとハムの脂身。

イグナリナから少し歩くとある、
湖にまずは糸を垂らしてみました。

国立公園釣り1

さあ、釣れるでしょうか?

なかなか釣れません。
ていうか、魚がいません。
昨日のバンガローの近くの湖には
小魚が見えたから釣りをしてみようと思ったんですけど、
パルーシャの近くの湖には魚が見当たりませんでした。

国立公園釣り2

そして雨がふってきました…。

ちょっと諦めきれなかったので、
雨はふってたけど、また歩いてパルーシャ方面へ。




湖の脇の林道を歩いていると、
途中にまたイイ感じの場所がありました。

国立公園キノコ1

この森で、地元の人らしき女性2人が、
なにかを摘んでいるようにみえたのです。

それでにちこさんは、
自分でも探してみたのです。

国立公園キノコ2

摘んでいたのはキノコでした。

これ、ヴィリニュスの市場でも
売られているのを見かけたキノコでした。

きっと、料理して食べたら美味しいに違いない!
だけど、市民プールにはキッチンないし、
明日移動だし…。
残念。

国立公園キノコ3

でもこんな、地面いっぱいに苔むした森で、
キノコ狩りが出来ただけでも、充分でした。

国立公園キノコ4

この森も素晴らしかったです。
巨大なアり塚なんかもありましたけど。




そして、またテクテク歩いて、
昨日の湖に到着。

小魚が見えた桟橋から糸を垂らすと…

国立公園釣り3

釣れました!
釣ったのはにちこさんです!
すごい。

エサはパンで、竿は棒です。
でも釣れるんですよ。

しかもまた釣れた!

国立公園釣り4

2匹目もにちこさん。

ぶーさんは…

国立公園釣り5

ボウズ(1匹も釣れないこと)でした。泣

国立公園釣り6

でも、湖が凪いでて、
鏡のような湖面がキレイでした。




というわけで、
リトアニアの森と湖を満喫いたしました。

バルト三国は、評判ほどではなかったけど、
それでもそれなりに結構楽しかったです。

ただやっぱり、思ってたほど物価は安くはなかったです。
もう少し前だったら、もっと安かったんだろうなと思うと
少し残念。

次回は、バルト三国に別れを告げて、
ポーランドまで移動します。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/12/10(金) 00:53:50|
  2. ヨーロッパ編:バルト三国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

青木ヶ原樹海ではなさそう・・・・

森BOYを森男と言ってもいい?

私の旦那が「ハ~ィ」というのとどっちが嬉しい?
  1. 2010/12/10(金) 22:58:10 |
  2. URL |
  3. やすお #-
  4. [ 編集]

>やすおさん

友だちにあだ名がモリオという大工がいます。笑
そりゃ~ポーラに決まってるでしょう!
  1. 2010/12/10(金) 23:17:53 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

わ~、きれいな湖だね。
こんなところでキャンプしたいなぁ。
  1. 2010/12/12(日) 22:00:35 |
  2. URL |
  3. ムツ #-
  4. [ 編集]

>ムツさん

お!コメントありがとう~
ここはキャンプ場もあったよ。
ヨーロッパの最もいいところは、
教会とか世界遺産よりも、こういう自然の中で遊べる
環境かもね。キャンプ場とか、日本よりずっと良心的で
せせこましくない上に、ウルサイ規則もないしね。
  1. 2010/12/12(日) 23:20:41 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

はじめまして

はじめまして、今夏2週間のリトアニア旅行を予定しています

僕はKaunus(カウナス)からバスで国立公園に向かうつもりなのですが、日記で書いているパルーシャという場所の宿泊施設について情報いただけないでしょうか?
具体的に、リトアニア語でどんなスペリングか、値段、場所、予約が必要かなど教えていただけると幸いです。またリトアニア人の友人と二人で旅をする予定なので部屋もどのような感じか覚えていらっしゃいましたら教えていただけると幸いです

メールアドレスを載せておきましたのでどちらかに返信お願いできますでしょうか,
よろしくおねがいします
  1. 2012/05/27(日) 16:11:40 |
  2. URL |
  3. asuka #hiiZJbic
  4. [ 編集]

>asukaさん

こんにちは!
コメントありがとうございます!
パルーシャは、PALUSEみたいです。
ここに行くにはどのみちイグナリナ経由になると思います。
イグナリナからバスも出てますが(わかりづらいです)、
タクシーの運転手が「国立公園のツーリストセンター」で連れて行ってくれます。
バンガロー自体は日記の写真のものが全てで、
わりともうこのまんまです。
居心地は決してよくはないかと…。
ぼくらは一泊して、イグナリナに戻ってもう一泊しました。
せまい町なので人に聞けばさほど困ることはないと思いますよ!
  1. 2012/05/27(日) 16:42:31 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

わざわざありがとうございます、ということはイグナリナもパルーシャも国立公園からタクシーなどで移動でき、ホステルなどがあると考えてよいのでしょうか?

ちなみに、値段はどれくらいの範囲でしたか・・・?
  1. 2012/05/29(火) 18:56:12 |
  2. URL |
  3. asuka #hiiZJbic
  4. [ 編集]

>asukaさん

えーと、そうですね…。
イグナリナ~パルーシャ間は近いです。自転車圏内という感じです。
が、国立公園はめちゃくちゃ広いと思いますので、
あくまでもイグナリナ、パルーシャが近距離だというだけです。
また、イグナリナ→パルーシャはタクシーが多分いると思いますが、
逆はなかなかつかまらないと思います。バスもあります。
ホステルの宿泊費は上記のブログの記事内に書いた通りですが、
あくまでも3年ほど前の価格なので…。
また、ホステルの情報は、地球の歩き方や、他の方のブログを参考に、
現地の方への聞き込みも有効だと思います。
それと、こういってはなんですが、笑
正直、ぼくに聞くよりも、
事前にある程度調べた情報を元に、
現地の通りすがりの人に、道を尋ねる感じで聞く方が、
最新の情報が聞けると思いますよ!
がんばってください!
  1. 2012/05/29(火) 23:36:59 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/102-0547aeb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。