小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブタペスト:さ~んぽすっすんでにっほさ~がる~♪

ブタペストトップb

ハンガリー共和国/ブタペスト(2010年7月2日~7月4日)

ブタペストでは、なんだか色々あったけど、何もしてない気分。
またケンカしたり、にちこさんが腹痛になったり、また移動がヘンテコだったり…。







スロバキアのスピシェ城からコシツェに戻って、
そのままハンガリーのブタペストへ。

18:06発のブタペスト行電車は、
エアコン付きでとってもキレイでした。
車内のトイレの洗面所で顔洗って、足まで洗ったり。

ブタペストへ

車内はキレイだったけど、ずいぶん遅れて、
ブタペスト到着は、夜の21:27。

ブタペスト駅

ブタペストの第一印象は、
バックパッカーがずいぶん多いみたいだったこと。
大きな東駅でもたくさん見かけたし、
宿へ向かう途中でも、日本人パッカーらしき女の子に話しかけられたり。
まあ、夏休みですものね。
東欧ではそんなに多い気がしなかったけど、
このへんまで来ると、たくさん見かけるのでしょう。

宿は、HOSTEL BOOKERSで予約してあった、HOSTEL Adagio。
大きなアパートの中にあるホステルで、
こじんまりしてたけど、キレイでした。

ブタペスト宿

ぼくらの泊まった大部屋のドミはほぼ満室。
そして、ほぼ全員女子でした。

なんだかうらやましい状況に聞こえるかもしれないですけど、
ぼくらは夫婦旅行なので、別に関係ないのです。
むしろですね、ご存知の方はご存知かと思いますが、
ヨーロッパの女の子ツーリストってね、
めっちゃ、だらしないんです。

もうね、ドミの中ぐちゃぐちゃですよ。
防犯意識なんてものはそもそも存在しないみたいです。

ベッドの周りや床には、開けっ放しで服がはみ出たバックパックが転がり、
下着やら、化粧品やら、ビールの空き缶やら、お菓子のフクロが散乱し、
目のやり場に困るような格好でそこらへんに寝そべってたり、
ウロウロしてたり…って、いやでもね、
夫婦旅行ですしね、英語はなせませんしね、
ていうか、女子部屋ってのはこういうものなんでしょうか。




ついでにもうひとつ、この宿でのエピソード。
2泊目、かな?ぼくらのベッドの隣にアメリカ人カップルが来ました。
ぶーさんのパックセーフ見て、「スパイダーマンみたいだね」なんて
話しかけたりしてきて、気さくな感じです。
つまり、その夜、ぼくらの隣で寝てたのはそのカップルでした。

カップルだからもちろん2人なわけで、
2人だから写真のような2段ベッドを上下で占有するわけです。
で、このカップル、上の段を荷物置き場にして、
下の段に2人で寝てました。

ぼくらは、フツウに上下にわかれて寝てました。
上がにちこさんで、下がぶーさんです。

その夜遅くに、突然にちこさんが腹痛に襲われたのです。
あまりの痛さに目が覚めて、しかもかなりの激痛で、
更に、いつまでたっても治まらない…。

もう、いてもたってもいられなくて、
ベッドの上で、うんうん苦しんで、
いい加減、ぶーさんを起こして助けを求めようかと
思ったその時、

プウゥ~~~~~~ッ!

という、大きなオナラの音が。

それは、ぶーさんの寝る下の段から聞こえ、
しかもその音で隣のアメリカ人カップルが目を覚まし、
そして、爆笑。

ブワァッハッハッハハハハ!と、
かなり大声で笑っていたらしいですが、
ぶーさんは目を覚まさず。
そもそも、隣の人が目を覚ますほどの音量の
オナラをしといて、自分は目を覚まさない。

しかも、にちこさんは激痛に襲われており、
まさにぶーさんに助けを求めようとしてたところに、
ぶーさんのオナラで隣のカップルが起きちゃって、
ぶーさんを起こすわけにもいかず…。

今度こそひねりつぶしてやると思ったと、
翌朝ぶーさんは、にちこさんからその話しを聞かされたのでした。
(もちろん、ぶーさんはまったく憶えていません)




さて、そんな話しはさておき。

ブタペストでの思い出というと、
残念ながら、またケンカなんですよね~。

まあ、またもや100%ぶーさんが悪いんです。
原因はタバコでイライラ。
最悪です。

ブタペスト街

街を歩いてイライラ。

ブタペスト街 2

市場に行ってイライラ。

ブタペスト街 3

結婚式に遭遇してもケンカして。

そりゃ、にちこさんも呆れて、悲しくなって、怒りたくもなるというものです。

ケンカはブタペストに限らず、
あちこちで少々のケンカをしてたんですけど、
ブタペストでのケンカは、ちょっとしつこくて長引いたんです。

ほんとにごめんなさい…。




仲直りのため、というだけでもないのですが、
にちこさんがこの頃履いてた、中国靴が、
どうにもやはり足が痛くなるので、
その靴はやめて、ビーサンを履いていたのだけど、
いい加減どうにかしようと、
にちこさんのサンダルを買いに行きました。

ブタペストガレリア

東駅の近くにある、
巨大なガレリアです。
ここ、デカくて面白かったです。

サンダルは、結局Tevaもどきの安いやつ。
ようやく、足も痛くなくなったみたいです。
よかったよかった。

この中にあったTESCOで食べたのがこれ。

ブタペストガレリア 2

味の濃い肉の煮込みと、米みたいに小さくちぎった小麦粉の料理。
肉の方は、代表的なハンガリー料理のひとつ、プルクルトというものだそうです。
これは、543HUF(約220円)。




エチェリという、中欧最大といわれる蚤の市にも行きました。

エチェリ1

ここは、なかなか面白かったです。
中欧最大という割には、規模はそれほどでもなかったですが、
品揃えが良いです。値段もそれなりですけどね。
でもオススメ。

蚤の市の中のフードコートで食べたのがこれ。

エチェリ2

これもハンガリー料理、ラーンゴシュという揚げパンです。
いやもう、ご覧の通りのたっぷりチーズが最高でした。
こちらは、350HUF(約140円)。




ドナウ川です。
宮本輝の「ドナウの旅人」のドナウ川です。

ドナウ川

河岸では声楽のライブがやってたり。

あ、それとH&Mなんかをのぞいたりもしました。

ブタペストH&M

これって、日本でも売ってるのでしょうか。




ブタペストには、結局3泊したんです。
ほんとは、もう1泊して、やっぱり有名な温泉にも行ってみようか、
なんてことも言ってたんです。

ところが、泊まってた宿は3泊分しか予約してなくて、
翌朝、「もう1泊したい」と言うと「満室よ」と言われてしまいました。
フツウは大抵それで泊まれるのですが、
そういえばヨーロッパは夏休み真っ最中。しまった!
仕方ありません。しかも、チェックアウトがAM10:00時。

しかもしかも、その朝がにちこさんが腹痛に襲われた夜が明けた朝。
もう大慌てで片付けて、チェックアウトして、荷物を預けて、
とりあえず外へ。

にちこさんの腹痛はけっこうひどくて、
その朝、ネットでぶーさんが病院調べたりまでしてたほどでした。

にちこさんは、薬で多少落ち着いたものの、
温泉どころでもなくなって、無駄にいても仕方ないし、
そのまま次のプラハへ移動することに。




この時の移動、つまりブタペストからプラハへの移動も、
なんだかややこしい移動でした。

ブタペスト滞在中、街をうろうろしながらも、
当然、駅で料金や時間をリサーチしてました。

移動しようと思ったその日に都合良く移動出来るわけでもないのです。

で、いろいろ調べてたんですけど…。
最初、東駅のインフォで聞いたら、
プラハ行の国際線が、19ユーロ(約2500円)であると言われたんですね。
で、翌日、切符売場に買いに行ったら、そんなのなくて、
プラハ行は、1人26500HUF(約10600円)だと言われました。
…って、2人で2万円!?
飛行機乗れるじゃん!ないないそんなの!
というわけで切符は買えず。

ブタペスト東駅

バスの方も調べてみたけど、
なんだかずいぶん高い。

とはいえじゃあどうすんだ、
ということになって、ネットでいろいろ調べてるうちに、
にちこさんが、なんと、コシツェから出てるバスで、
ブラチスラヴァを経由してプラハに安く行ける、
という情報をつかみます。

コシツェ、というのは言うまでもなく、
このブタペストに来る前にぼくらがいた町です。泣

ここでですね、
前回買った、なぜか片道より安い、
「コシツェ←→ブタペスト間往復チケット」が再登場するわけです。
もちろん、チケットはとってありました。

いやもうなんでしょうねこれは。
なんかもう、決まってたんですかね、こうなるって。

ほんとにそれで大丈夫かを調べます。

ブタペスト18:33発~コシツェ21:15着で、
コシツェ発ブラチスラヴァ行バスが23:00発。
コシツェからプラハまでバスだと、
料金は全部で1人36ユーロ(約4700円)。
コシツェまで戻るのは往復チケットがあるから、
調べた中ではそれが一番安い。

いけそうです。




そんなこんなで、
ぼくらは、プラハに行くために、スロバキアに戻ることに。

しかし、事はそうすんなりとは運びませんでした。

ブタペスト発、コシツェ行の電車が、
時間になっても掲示板に表示されず、
20分遅れでやっと到着し、10分後に出発。
つまり、30分遅れで出ました。

しかもこの電車がなんだかしらないけど、
やたらと遅い。

ほんとは、21:15にコシツェに着くはずで、
コシツェからのバスは23:00に出てしまうのに、
まだぼくらは電車の中、
しかも時計は、22:00を過ぎている。

もう~!はやく走れーッ!と、車内で叫ぶにちこさん。

ようやくコシツェにこの電車が到着したのは、
なんと、22:50。

電車を降りて、全力ダッシュ!

バスターミナルまで駆け抜けて、
「ブラスチラヴァ!ブラスチラヴァ!」
と、係員に叫ぶにちこさん。

「落ち着いて落ち着いて、もうすぐ来るから」
という、係員のおじさんの言葉に、
「間に合った~」と、ホッとして、
なんとか、ぼくらはバスに乗れたのでした。




というわけで、
いろいろあったけど、何したわけでもなく、
三歩進んで二歩下がる、という感じのブタペストでした。

次は、チェコのプラハです。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2011/01/06(木) 15:38:23|
  2. ヨーロッパ編:ハンガリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/108-0a7cda25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。