小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エル・カラファテ:エル・カラファテ通信その3(フィッツ・ロイ編)

チャルテン01

アルゼンチン共和国/エル・カラファテ(2010年8月8日~8月13日)

ブログ再開一発目は、パタゴニアの名峰フィッツ・ロイを望むため、
雪道を歩いたエル・チャルテンのトレッキングです。






※この記事は2010年8月現在の出来事・情報をもとにして書かれています。


カラファテ最後のイベントは、
エル・チャルテンのトレッキングです。

このトレッキングは、
前回のペリト・モレノ氷河ツアーとセットで購入したツアーで、
エル・チャルテンという町にある登山口からスタートして、
名峰フィッツ・ロイを眺められる場所まで山を登る、というものです。
(フィッツ・ロイに登るわけではありません)

チャルテン02

ツアーのバスは、カラファテのバスターミナルをAM8:00に出発。
約3時間半かけてエル・チャルテンに向かいます。

事前に、町に着く少し手前のインフォメーションで降ろされて、
参加者全員が注意事項などの説明を受けます。
説明会は当然、英語 or スペイン語なので、
ぼくらはあまりわかりません。

チャルテン04

さて、説明も終わるともう一度バスに乗って
いよいよエル・チャルテン到着です。

チャルテン03

いきなりもうフィッツ・ロイが丸見えです。


ここからは自由行動で、
参加者はそれぞれ勝手に登山口へと向かいます。

帰りのバスは夕方なので、
時間の余裕はたっぷりです。
ぼくらものんびり歩き始めます。

チャルテン05

エル・チャルテンは、
トレッキング客向けの宿屋も多く、
こっちに泊まる旅行者も多いみたいです。

チャルテン06

ここが登山口。ここから登ります。

チャルテン07

最初はゆるやかな登山道です。

しかし季節は冬。
このトレッキングコースは春~秋に来るのが普通です。
山道にはそれなりに雪が残っていましたし、
けっこう寒かったので、ぼくらは着込めるだけ着込んで、
完全防備で挑んだのです、が……。

チャルテン08

上は完全防備なのに、足下はこんなんでした。
ぶーさんはKEENのサンダルで、
にちこさんは中国で買った人民靴です。
ありえません。

本当はここに来るまでに、中古のトレッキングブーツを
調達するはずだったのです。
しかしちょうど良いものが見つからず……。
結局ずっと履きっぱなしのクツで来てしまったのでした。

チャルテン09

とはいえ、ここまで来てしまったのですから
これで行くしかありません。

チャルテン10

苔むした枯れ木の森を抜けると、
かなり見晴らしの良い場所に出ます。

チャルテン11

更にその先に進むと、
最初は余裕だった雪道も、
だんだん険しくなり、途中からは完全に凍っていて、
つるつる滑って、大変でした。

そうして登ること約3時間。
雪の山道の難所を抜けると、再び平らな道に出て、
トレッキングコースは左右に分かれます。

チャルテン12

ぼくらはここを左に行きました。

チャルテン13

いよいよフィッツ・ロイも大きく見えてきます。
そして更に森を抜けると…。

チャルテン14

ついにこのトレッキングの目的地である湖に到着!
この湖越しに、名峰フィッツ・ロイを眺めるために
ここまで来たのでした。

チャルテン15

なかなかの光景です。
冬じゃなければ湖面にもフィッツ・ロイが映るのかもしれません。
でも湖はガッチガチに凍っています。

その上、ミシミシ……、ギシギシ……、バリバリ……!!
と、氷のきしむ音がすごかったです。
その音が山間に響き、それはそれで、印象的でした。

チャルテン16

湖越しにフィッツ・ロイを眺めながら、
宿で作って持ってきたハンバーガーを食べました。

チャルテン17

休憩しながらにちこさんが作った雪だるまです。

寒くて疲れてもいたけれど、
予想以上に時間がかかっていたので、
帰りのバスが心配になり、食事もそこそこで戻りました。

帰りの下り坂は、雪道が滑って死にそうでした。
特にぶーさんは手にずた袋を持っていて、両手が空いておらず、
情けないことこの上なしでした。

ひょいひょい進むにちこさんが後ろを振り返ると、
はるか遠くに、へっぴり腰のぶーさんが見えたそうです。

チャルテン18

雪山に両手のふさがる手さげは厳禁です。


チャルテン19B

行きにも通った見晴らしの良い場所でも、
最後にもう一度休憩。

帰りは約2時間半で下山。
町に下りたのは17:00頃でした。
帰りのバスは18:00発。
町をぷらぷら散歩しながら
ゆっくりバスターミナルに戻り、
夕暮れの景色の中を、バスでカラファテまで戻りました。

6泊も泊まったカラファテ滞在もこれで終わりです。
次はプエルト・マドリンへ。
クジラを観に行きます。


つづく



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





  1. 2012/08/25(土) 00:26:52|
  2. 南米編:パタゴニア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

私達はあの分かれ道を右に向かって行ったんだよ。
どうりで湖が無いと思った・・・
エルチャルテンには夏に半月くらい過ごしたいと思った所でしたよ。でもサンダルでは行かないけどね・・・。
中国ズック、エルエルビーンかと思った。笑
  1. 2012/08/25(土) 15:54:01 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

>やすさん

あの湖のさらに先には氷河があるらしいんだよね。
どっちにしろ冬のツアーでは(時間的に)難しいのだろうけど。
ていうかお待たせしました!
  1. 2012/08/25(土) 16:01:32 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/122-d0fa55dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。