小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アレキパ:塩辛すぎるセビーチェと市場メシ



ペルー共和国/アレキパ(2010年9月15日~9月18日)

来てはみたものの、特に何をするわけでもなく…だったアレキパ。
でも振り返れば、大きなメルカド(市場)で、市場メシ三昧でした。




※この記事は2010年9月現在の出来事・情報をもとにして書かれています。

プーノの次はどこへ行こう?…と、
次の目的地を考えたときに、チバイというところに行きつつ、
その手前にあるから立ち寄ってみよう…ということで、
行くことにしたのがアレキパでした。

今後の、ペルーでの目的地は「マチュピチュ」です。
なので、目指すはクスコなのですが、プーノからクスコに直行するのも
芸がないし、もったいないよなぁ、という感じだったのです。

なぜチバイに行こうという話になったのか?は、
よく憶えてないのですが…。(どうも温泉がある町?)

というわけで、
出発前日にバスターミナルで、とりあえずアレキパ行きの
バスチケットを購入。1人15ソル(約450円)でした。

出発当日、
アレキパ行きのバスはAM9:00発だったので、
マンコカパックをAM8:00にチェックアウト。
タクシーでバスターミナルへ。(3ソル、約100円)
バスは定時に出発しました。

arekipa_01.jpg

途中、バスの中に売りに来た
肉とジャイアントコーンとジャガイモ。3ソル(約100円)。
美味しかったけど、しょっぱかったです。


アレキパには、約6時間で到着。着いたのはPM15:00頃でした。

植民地時代のヨーロッパのコロニアルタウン、
であるというアレキパ。
当時のヨーロッパ調の建物や街並みが残る、
割合と大きな街でした。

arekipa_02.jpg

思っていたより、観光都市感が強く、
バスターミナルからのタクシーの車窓から見える風景に、
2人とも「あ~、こりゃ間違ったかもね…」とつぶやいてしまいました。

中心部に着いてみると、案の定、欧米人観光客率はかなり高く、
ブティックや高級お土産店などが並ぶ街並みは、
南米の街というより、やはり欧米人向け観光都市という
趣が強い街でした。

これはでも、ぼくらが間違ったのであって、
別にアレキパが悪いわけではありません。

来てしまったものは仕方なく、
開き直って楽しめればいいかと、とりあえず宿へ。

arekipa_03.jpg

歩き方に載っていた宿、ホテル・ラ・レイナ。
いつもの安宿とは違う雰囲気の、立派な建物です。
「これは高そうだ…」と思いましたが、
とりあえず受付へ。
(歩き方にはそうでもない価格が載っていたのですが、
書いてある情報が、実際と違うことは良くあります)

受付の女性が、何かあれこれ言っていて、
でも、何を言っているのかはよくわからず…でしたが、
結論としては、なぜか2人で28ソルでした(1人じゃなく2人で約850円)。
ツインでシャワー、トイレ別で、WifiもOKです。これは安い!
ダメ元で聞いてみて良かったです。

arekipa_04.jpg

街の中心部の広場周辺を歩くだけで、
立派なカテドラルや修道院、古いアーケードなど、
世界遺産の街らしい見どころが随所に見られます。

…が、ぼくらは例によって市場へ直行。

市場は大きくて、食堂やジュースバー、セビーチェの店などが、
けっこうたくさんありました。
これは意外と楽しめるかも!と、市場の店を見て周りました。

arekipa_05.jpg

中2階のようなフロアに、食事の出来る食堂エリアを見つけたので、
まずそこで腹ごしらえです。

arekipa_06.jpg

赤いパプリカのような、巨大赤とうがらし?の肉詰め、
という感じの料理を食べました。6ソル(約180円)。

見た目はいい感じですが、バスの中で食べた肉と同様、
この料理も、かかっているミートソースがしょっぱすぎ!でした。
しょっぱくなきゃ、美味しかったと思います。


食事のあと、下のフロアに降りて、
ずらーっと並ぶ、ジュースバーの中で一番安かった
2ソル(約60円)のミックスジュースを注文。
でも、砂糖水で薄めた(甘いけど)ジュースでした。

arekipa_07.jpg

美味しいけど、フルーツそのものの味ではないやつです。
その上かなり量が多くて、飲み干すとおなかいっぱいになりました。

その後、お土産物屋などを見てまわりましたが、
チチカカ湖周辺のような、ローカルな手作り感はなく、
観光客向けの量産品ばかりで、あまり良い感じのものはなく…。
チバイもだんだん面倒くさくなってきてしまい、
行くのをやめることに。


アレキパには3泊しました。
(当初チバイに行って戻ってくるつもりだったので)
その間、ひたすら市場に通って、市場メシを食べたのですが、
他にもうひとつ、アレキパ滞在中に片づけてしまいたい用事がありました。

世界周遊券の予定の変更です。
何度か説明しましたが、この世界一周旅行は、
基本的には、ワンワールドグループの世界周遊券を利用しています。
(途中何度かLCCを別購入してコース変更しましたが)

☆詳しいことはコチラを参照のこと。

この先、グアテマラにスペイン語留学中の
モニー君&ようすけ君に会いに行ったり、
ハワイ在住のヤスヨ&ポール夫妻に会いに行ったりするために、
メキシコ以降~帰国までの予定を、いろいろ調整する必要が
出てきていたのです。

というわけで、予定を変更するため、
ランペルーのオフィスへ。

ところが、この変更に手数料が5000円近くかかると言われたのです。
他の航空会社で変更したときは、特に手数料もかかりませんでした。
しかしこのランペルーのオフィスでは「チケットの発券し直しが必要」で、
その手数料がかかるのだ、との一点張り。
前回は、チケットの上からシールを貼って修正してくれたので、
発券手数料はかからなかったのに…。

あまりに融通がきかない感じだったので、
翌日「違う人なら融通きかしてくれるかも…」という作戦で、
出直してみたのですが(違う人と話せたのですが)やはりダメでした。
…で、ぼくらも諦めが悪いので、
別の手を出来る限り模索してみることにして、
ここでは結局変更しません(出来ません)でした。


仕方ないので、また市場へ。
前述のとおり、アレキパ滞在中は他に観光もせず、
市場に通う毎日でした。

初日にも行った、市場中2階の食堂エリアで
いろいろ食べました。

arekipa_08.jpg

大盛りブタニクごはんです。
これは美味しかった!です。9ソル(約270円)。

かなり大盛りで、食べごたえがあり、
このブタニクごはんは美味しかったので
別の日にもう一度食べました。

いつものことですが、ぼくらはこういう食堂では、
1皿だけ注文して、それを2人で食べます。
日本じゃなかなか出来ませんが、世界の市場では、
ただの一度もお咎めを受けたことはありません。
(レストランではない、市場の食堂での話です)

arekipa_09.jpg

こちらは、2日の夕方に行ったときに、
ほとんどの店がもう閉まっていて、
1軒だけ空いていた食堂で食べたトリ肉メシ。5ソル(約150円)
これも普通に美味しかったです。

arekipa_10.jpg

こちらは、市場の外の屋台で売っていた
ジャガイモのコロッケもち。3個で2.1ソル(約65円)。
これも美味しかったです!

そして、ペルー名物料理セビーチェ。

生の魚や、タコや貝などの魚介とタマネギなどを和えた、
酸っぱ辛いサラダです。

arekipa_11.jpg

かなりいろんな種類の具が混ざっていて、
見た目もいい感じなのですが、
これがもう最強にしょっぱかったのです。
しょっぱすぎ!
塩辛くなかったら、相当美味しかったろうに…と思いました。

その他、ゼリーやジャイアントコーン、
にちこさんはビールも飲みました。

それともうひとつ、
特筆すべきは(残念ながら写真ないのですが)チョコレート。
インカといえば、チョコレートも有名なので、
ぼくらも食べてみたのですが…、なんというか、
原始的というか、ぼくらが選んだ銘柄が悪かったのかもですが、
まあ、美味しくなかったです。これは全部は食べきれませんでした。


アレキパは、そんな感じで、
ほぼ何もせず、市場メシを食べて終わりました。

さて、次に向かうのはクスコです。
クスコから、ぼくらはいよいよ、あのマチュピチュに向かいます。

つづく



  1. 2015/12/22(火) 00:32:33|
  2. 南米編:ペルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/139-19f7add8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。