小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リマ:駆け足のペルー最終日。

リマ_top

ペルー共和国/リマ(2010年9月29日~9月30日)

南米で過ごした最後の街は、ペルーの首都リマ。
どうにも慌ただしく、ばたばたとした最終日でした。



※この記事は2010年9月現在の出来事・情報をもとにして書かれています。

長かったクスコ滞在を終えて、リマへ移動する日の朝。
最後にもう一度、羊ぶっかけ飯を食べよう!と市場へ。

ところが、いつもの店はお休み。
仕方なく、隣の隣ぐらいの店で、同じメニューの羊メシを注文。

リマ_01

これはこれで美味しかったけど、
いつもよりちょっとお上品な感じ。
デザートにフルーツヨーグルトパフェも食べました。
もっと食べたかったけど、これで食べ納めです。

今日のバスは長丁場なので、
お弁当にチキンを、と思ったけど、
朝が早くてどの店もまだOPEN前で購入出来ず。
仕方なく、メロンパンみたいなパンを買って、
バスターミナルへ。


クスコからリマへのバスは、
前日にチケットを買った、安い60ソル(約1830円)のバス。

午後イチ発なのに夜行という、
なんと20時間の地獄バスです。

リマ_02

(これまた既出の写真ですが)クスコのバスターミナル。
13:30発の予定が、30遅れで14:00出発。

しかも安かろう悪かろうで、席が狭い。
その上、車内は暑く、夜になると爆音でDVDが上映され、
寝るに寝られず、なかなか大変でした。

車内は騒々しかったですが、
夜の車窓は、まっくらな砂漠。
地平線に星が綺麗でした。

途中、砂漠のまんなかに突如、
電気の明かりが煌めくオアシスも見ました。


バスはほとんど休憩もなく走り続けるも、
リマ到着は、予定よりだいぶ遅れて、昼の12時頃。
おかげで、22時間ぐらいバスに乗ってました。
あー、疲れた。

バスが着いたのは、ターミナルというよりは、
バス停みたいな大きな通り沿いの一角で、
そこから宿まではタクシー。
いくら?と聞くと、ボリまくりの値段。
交渉してようやく乗車。6ソル(約180円)。
そのタクシーの運転が異様に荒くて、
(すれ違う車とぶつかってました)
疲れた身体にひびきました。

リマ_03

宿は、アルマス広場のすぐ近く。
ホテルサンフランシスコ。
事前にネットで探しておいた宿だけど、
日本人宿かと思ってたら、違いました。
ドミ?なのか2人部屋なのかわからなかったけど、
2人で39ソル(約1190円)。
wifiはなぜかパスワードを聞いても教えてくれず…。
使えない状態だったのか?不明。


さて、ぼくらの旅程では、
このリマがペルー最後の街、そして南米最後の街でした。
本当は(心と時間の)余裕があれば、何日か滞在してよかったはず、
なのですが、タイトルに書いた通り、
このリマはバタバタと駆け足で通過してしまいました。

その原因は、アレキパ辺りから
ぼくらの頭を悩まし続けていた「ランペルー問題」。
(ランペルー=南米の航空会社)

なにそれ?って感じですが、
説明すると、以下のような問題でした。

...........................................................................................

☆以下、ややこしいですがランペルー問題の顛末です。
(読み飛ばし可)

まずぼくらは、
このリマから次のメキシコシティへの飛行機、
更にその後、ダラス行、ハワイ行、日本行の飛行機すべて、
ここから先は、世界周遊券のチケット利用なのですが、
その予定を変更したかったのです。

ここまで、何度か周遊券の予定を変更したことが
ありましたが、他の航空会社では空港のカウンターなどで
割とカンタンに変更してくれたのです。
なのになぜか、この南米のランペルー航空だけは、
スムーズに変更手続きが出来ずにここまで来ました。

なぜ出来ないか?
・世界周遊券は紙チケットです。
・ランペルー曰く、eチケットではないので、
 変更する場合一度発券しないとダメ。
(他の航空会社は、発券の必要がなかったのですが)
・その発券には費用が、1枚につき47ドルかかる。
・ぼくらは、その発券費用を払いたくない。
(だって他の航空会社はオンラインで出来たのに…)

ぼくらは、行く先々の街のランペルーオフィスを訪ね、
その都度(違うオフィスなら出来るかもと考え)同じやりとりを
繰り返してきたのですが、結局オールNG。
それでも諦めず、なんとかならないか四苦八苦していた、
というのがランペルー問題、です。

で、
このリマがそのタイムリミット。
ここでなんとかならないと、もうアウトです。

その一方で、ぶーさんが妹のさや(タイで一度合流したさや)に、
メールで相談していまして、さやも色々調べてくれたところ、
リマにJALのオフィスがあり、そこに相談してみてはどうか?
(日本語で相談出来るかもしれないし、同じワンワールドの周遊券なので)
と、その番号をメールで教えてくれたのです。
(そのメールが来たのがクスコ滞在中)

ぼくらは、宿へのチェックインを済ませた後、
ワラにもすがる思いで、宿の近くで探して見つけた公衆電話から、
そのリマのJALオフィスに電話してみました。

すると!そこで対応してくれた、
日本人の男性スタッフの方が、全ての予定の変更手続きを、
電話越しにやってくれたのです!
うわー!ありがとうございます!!と、
ぼくとにちこさんは、電話のあった駄菓子屋みたいな
店先で歓喜しました。
あんなに散々苦労したのは何だったのか。
あー、よかった。ほんとによかった。
がんばって電話してよかった。
心の底からほっとしました。

で、その時に勢いで変更した
リマからメキシコシティへの飛行機が、
この日の翌日、つまり明日の便だったので、
急遽、このリマの滞在は1泊だけ、
ということになったのでした。

..............................................................................................................


そんなわけで、
リマでは、このランペルー問題解決の電話が済む瞬間までは、
写真もろくに撮ってなかったのでした。
(上の写真がすべて)

ここから先は、やっと肩の荷もおりた!ので、
いつも通り、写真も撮りました!
それでも滞在時間短かったので、あまり枚数はないですが。


さて!問題もすっきり解決して、よかったよかった!
とりあえず市場へ行ってなんか食べよう~!と、市場へ。

リマ_04

アルマス広場の裏手から、チャイナタウンへ向かう
その手前にあった市場です。鮮魚などの生鮮食材の市場。
ほとんどが食材売場でしたが、
少しだけ食堂もありました。

なんだかんだで午後も遅い時間だったので、
ほとんど閉店間際でしたが、かろうじて食べれたのがこちら。

リマ_05

セビーチェです。5ソル(約150円)。
お店の人が陽気で、セビーチェも美味しかったです。


セビーチェだけでは、食べ足りないので
ぶらぶら歩いて、チャイナタウンへ。
ほっとしたので、お腹もペコペコなのです。

リマ_06

リマのチャイナタウン。
なんとなく、チャイナタウンというより
中華街と呼びたい雰囲気です。

リマ_07

ぶらぶら歩くのが結構楽しかったこの中華街。
この中華街で食べたのがこちら。

リマ_08

大盛りあんかけ焼きそば!
肌寒い中、あつあつで超具だくさんで美味しかった~!
でもこれ、なんと15ソル!(約450円)
ぼくらにしては高額メニュー!
なんでそんなの食べてるの!?と申しますと、
急遽1泊になったので、ソルが余りそうだったのです。

おかげで、この後、
やや無理やりお土産にセーター買ったりしました。
でも、お腹もふくれて、いろいろくたびれたので、
この日は早めにホテルに戻って就寝。

そんな感じで、リマ滞在は、
たったのこれだけなのでした。

次回!ついに、南米を離れ中米へ!
タコスの国、メキシコへと向かいます。

つづく




  1. 2016/07/17(日) 00:01:48|
  2. 南米編:ペルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/146-c89ff4b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。