小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイその5:北の都、チェンマイ。

チェンマイトップ

タイ/チェンマイ(2010年1月11日~14日)

さやが帰国して、二人の世界一周が再開しました。
南部の次は北部。まずはチェンマイへ向います。





チェンマイへは、バンコクからバスで行きました。

カオサン発のツアー会社のバスを、A&R TRAVELで購入。
この時は、350バーツ(約945円)。
A&R TRAVELは、日本人経営のツアー会社で、いろいろ便利です。
(A&RホームページからDL出来るカオサンマップは使えます!)

A&R

カオサン発のツアー会社のバスは、
チェンマイ行きに限らず、どのツアー会社で買っても、
大抵は同じバスに乗るので、安いツアー会社を探すと良いです。

しかし、カオサン発のバスは(チェンマイ行きに限らず)
全体的にあまりオススメできません。

バスターミナルまで行かなくて良い、というメリットはあるものの、
バス自体が良くないし、サービスも大したことなくて、疲れます。

可能ならば、ローカルのバスターミナルから、
ローカルの長距離バスを利用することをオススメします。
安いし、実はこっちの方が快適です。

ぼくらの乗った、カオサン発チェンマイ行きのバスは、
深夜にトイレの異臭騒ぎがあったりして、最悪でした。

チェンマイバス

乗り換えたミニバスは、
チェンマイ新市街の、とあるゲストハウスの前まで行きます。
そこからは徒歩で宿探し。




チェンマイは、タイ北部で一番大きな街ですが、
バンコクに比べれば、格段に規模は小さく、
雰囲気も、落ち着いています。

ターペー門

安宿も、このターペー門周辺にたくさんあります。

旧市街にたくさんあるお寺は、
チェンマイ散策の恰好の目的地となります。

チェンマイお寺

ぼくらは、チェンマイをほとんど徒歩で移動しました。
城壁に囲まれた旧市街内であれば、歩いて周れますが、
あちこち移動するには、徒歩はきついです。

チェンマイでは、ソンテオという乗合いバスが市民の足なのですが、
ぼくらは(あほなのか)、ほとんどソンテオに乗らず、
ひたすら歩いて歩いて、歩きまわってました。




歩いていくのが遠かったのは、スーパーです。
ターペー門付近に、セブンイレブンがあるので、問題ないです。
しかし、ぼくらスーパーマーケット好きは、
スーパーに行かねばなりません。

チェンマイスーパー

チェンマイに、めぼしいスーパーは3軒。
BIG Cはなくて、3軒中2軒はTOPSスーパーでした。
どのスーパーに行くにも、宿から30分以上かかります。




歩いていくのが、最も遠かったのは、チェンマイ動物園でした。
旧市街から4km。歩いて2時間かかりました。
ここは、歩いて行く場所ではありません(笑)。

動物園1

入園料100バーツ(約270円)に、園内バス代20バーツ(約50円)。
パンダは別料金。広いので、園内バスは必須です。

動物園2

特に行こうと思っていたわけではないのですが、
なんとなく行ってみた動物園。
日本の動物園と比べるとチープだけど、
これはこれで、なかなか面白かったです。

動物園4

チープなアシカショーも。

動物園3

なんと!生まれて初めて、ゾウに触りました。
ゾウの肌は、乾燥してゴワゴワしてました。

動物園5

さらに!キリンにも、エサをあげました。
エサは、インゲン(20バーツ)でした。

ちなみにヒョウにも、生肉のエサがあげられます。
これもやってくればよかったと、少し後悔。




この動物園の先、数百メートルさらに登ったところに、
ファイ・ケーオという滝があります。

ファイケーオ滝

ここは、動物園から歩いて行ける距離です。
動物園のオマケに、滝まで行くのはオススメです。
マイナスイオンにあたって涼むと、得した気分になれます。

そんてお

帰りは、おとなしく30バーツ(約80円)のソンテオに乗って帰りました。
動物園前に停まってて、客が集まると発車します。




チェンマイでは、中国ビザを申請するという目的もありました。
なぜかバンコクでは30日しか取れないという噂で、
チェンマイの方が取りやすそうだったからです。

中国領事館は、スアンプルン門の近くにあります。
スアンプルン門を出て、堀沿いに左方向へ。徒歩7~8分です。

チェンマイ中国領事館

入口で、写真を持っているかチェックされて、
館内のVISA SECTIONへ。ぼくらの他の申請者は、2、3人でした。
申請書を書いて、窓口へ提出。
窓口で、チェンマイでの連絡先を書けと言われたぐらいで、
他は問題なく申請完了。
4日待ちで、1100バーツ(約3000円)。
特急料金設定もありました。
4日後の午前中、無事60日分のビザを取得できました。
(火曜日申請で金曜日取得。4営業日なので注意。)

ちなみに、ここにもぼくらは歩いて行きましたが、
ターペー門から30分はかかります。




ナイト・バザールにも行きました。

チェンマイナイトバザール

ここは、観光客向けだったので、一度しか行きませんでした。
また、このナイト・バザール周辺のカフェエリアは、
カオサン通り同様、欧米人バカ騒ぎスポットです。

ナイト・バザールまで行く道すがらに、
タイの北部に住む、山岳少数民族の人たちの、
衣装やグッズを販売するショップが何軒かあります。
品揃えは、悪くなかったです。

山岳民族チェンマイ

実は、タイで山岳少数民族グッズを買うなら、
チェンマイが、値段と品揃えで、一番良いかもしれません。
チェンラーイよりも、チェンマイの方が品揃えは良く、
値段も大差ありませんでした。
もちろん、バンコクより全然安いです。

それから!
うかつなことに、ぼくらは行かなかったのですが、
チェンマイでは、ワローロット市場がオススメらしいです!

チェンマイ本

北部巡りの後に戻った、バンコクの紀伊国屋書店で、
この本を立ち読みしたら、そう書いてありました。
この本、2冊ともすごくよかったです。オススメ!




中国ビザを待ちつつ、
チェンマイには、4泊しました。

その4日の間、ワット・チェディ・ルアンというお寺で、
とても面白いものが見れました。

お寺1

多分、位の高いお坊さんの為の催しだったのです。

チェンマイ2日目の夜、このお寺の前を通りかかると、
中から音楽が聞こえたので、何だろう?とのぞいて、
まだ中に入れそうだったので、入ってみました。

お寺2

最初に見つけた夜は、
まだ、ゾウの頭が取り付けられていなくて、
聞こえた音楽は、おそらく奉納の楽でした。

お寺3

この、崩れた巨大な仏塔。
夜の闇の中で、仏塔の中の仏様に手を合わせたにちこさんは、
わけもわからず、涙をこぼしてしまていました。

観光地の雰囲気が消え、周りに観光客もいない、
そういう空気の中で対峙する、お寺や遺跡は、
本当に、神々しく感じられたのでした。

以来、毎日このお寺に通うと、
毎日少しずつ出来ていくのでした。

お寺4

残念ながら、完成を見たのは、
出発の日の朝だったので、
催し物自体は見ていません。

お寺5

偶然見れたこの巨大なハリボテが、
チェンマイで、一番面白い観光でした。




チェンマイは、良いところでした。
タイに来て、ようやくのんびり過ごせた気がしましたし、
観光地ではないタイの、タイらしい良い部分が、
少し垣間見えて来た気もしたのです。

というわけで、
次回は、毎度おなじみ、
チェンマイのおいしいごはんです。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/02/23(火) 12:18:11|
  2. 東南アジア編:タイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

お母さんのおさななじみより

今日、ぶどうにてみっちゃんと久方ぶりの再開にうれしい時を過ごしましたが、世界一周の話をお聞きしました。

すごいです。元気で世界をまわってください。
ときどき訪問いたします。
  1. 2010/02/23(火) 19:05:55 |
  2. URL |
  3. じゅげむG #-
  4. [ 編集]

>じゅげむGさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
うちの母がお世話になっております。
ウチは親バカ気味なので、話半分でお願いします笑。
またのご訪問お待ちしております!
  1. 2010/02/23(火) 22:18:03 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/37-06d5b188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。