小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイその7:チェンラーイのおいしい市場。

チェンラーイtop

タイ/チェンラーイ(2010年1月15日~20日)

チェンマイから更に北へ。
チェンラーイは、タイで一番お気に入りの町になりました。






チェンラーイへは、
チェンマイのアーケード・バスターミナルから、2等バスで行きました。

チェンライバス1

1人、132バーツ(約360円)。
11:30発のバスでしたが、15分おきに出てるようでした。

道中、車窓は山道でした。
15:00頃、チェンラーイへ到着。
バスは、町の中心から離れた、バスターミナル2に到着するので、
青いソンテオ(10バーツ)に乗って、バスターミナル1へ移動します。

チェンライバス2


町の中心について、宿探しの途中、
黒ガラスで空を見ている人が。

チェンライ日食

何かと思ったら、日蝕でした!




チェンラーイの町のシンボルは、
なんだかすごい時計台です。アーティスティック。

チェンライ時計

新しく建った時計台のようです。
地元の人も写真を撮ってました。

チェンライ時計2

古い時計台は、こちら。
この古い時計台のそばに、市場があります。

チェンラーイの町を、
ぼくらがとても楽しく過ごせたのは、
何よりも、この市場があったからでした。

チェンライ市場内部

市場の中には、食堂エリアがあり、
安くておいしいごはんが毎日食べられました。

市場周チェンライ辺

市場周辺にも、食材やお惣菜の屋台が、朝と夜に並び、
ここでもいろいろ食べました。

毎日、この市場に行けるので、
チェンラーイに滞在していたようなものでした。

ちなみに、この市場は、
バスターミナル近くで開かれている、ナイトバザールではありません。


チェンラーイは、とても良い町でした。
町のサイズは小さく、手ごろで、過ごしやすかったです。
とてものんびり過ごせました。

おいしい市場

チェンマイまでは、どこに行っても観光客だらけでしたが、
チェンラーイまで来てようやく、観光客が目に付かなくなって、
タイという国の、素顔が見えそうな感じに、
なって来た気がしました。




市場内部の食堂エリアは、
麺類の店のエリアと、おかずごはんの店のエリアに、
分かれています。

麺1

麺類のエリアで、一番おいしかったのはコレ。

麺はクイティオだと思うのですが、
麺というより、シートでした。1杯20バーツ(約54円)。
唐辛子と、高菜を入れて食べます。
隣のおばちゃんが奨めてくれたので、
鶏の皮を揚げたものを入れて食べもしました。
この麺の名前を聞いたのだけど、忘れました。
ナントカニャムー、でした。

麺2

ピンクのスープは、イエンタフォー。
この色は、発酵した豆腐が入るからだそうです。
酸味のあるスープになります。

麺3

あんかけ麺や、肉入り麺もおいしかったです。




おかずごはんエリアでも、毎日食べました。

こっちのエリアでは、1軒の店が気に入って、
その店でばっかり食べていました。

チェンライおかうごはん

このお店は、2品で20バーツ(約54円)!
これまで食べた、タイのおかずごはん屋さんで最安値。
しかも、一番おいしかった気がします。




市場周辺の屋台でも、
いろいろ食べました!

チェンライ市場周辺

周辺の屋台は、食材とお惣菜の露店で、
食堂スタイルの屋台はありません。

チェンライ宿で食べた

ですので、お惣菜をいろいろ買って帰って、
宿屋でお皿に盛って食べたりもしました。




チェンラーイ滞在2日目の夜、
宿のおばちゃんに教えてもらった、
縁日がやっていたので、遊びに行きました。

かなり長い距離に渡って露店が続く縁日で、面白かったです。

チェンライ縁日

出ていた露店で、色々食べましたが、
大ヒットの店が1軒ありました。

ココナツのおしるこのような、スイーツの店。
すごくおいしかったです!
驚いたことに、小豆のあんこもありました。
甘さ控えめで、おいしいあんこです。

縁日は、この日一日だけで、
あのあんこ屋さんは、もう食べれないのだろうか…、
と、思っていたら、なんと市場の周りで発見!

あんこや

同じお姉さんの、同じ店でした。
向こうも、昨日の日本人だとわかってくれて、
お互いに「おお~!」という感じで喜び合いました。

このお店も、何度か通って、
気になったスイーツは、全て制覇できました。




チェンラーイ最終日前日には、
にちこさん衝撃のスイーツとの出会いもありました。

市場の北側に出ていた、小さな屋台で、
なんとはなしに、プリンを買って食べました。

すると、一口食べたにちこさんが、
「これ、ヤバくない!?」と、びっくり!
かなり衝撃的なおいしさのプリンでした。

衝撃のプリン

食べたのは、ココナツのプリンなのですが、
甘さと塩加減、卵のコクや、やわらかさが、素晴らしく絶妙でした。

すぐさま、他の品も買ってみました。

更に翌日、勉強のために、
この屋台の気になるスイーツを一通り購入。
色々、食べました。

プリン屋

あまりにも衝撃的だったので、
チェンラーイから、バンコクに戻った際、
紀伊国屋書店で、このプリンのレシピ本を
探したりまでしました。




と、まあ、チェンラーイでも、
結局、安くておいしいごはんやスイーツを、
毎日たくさん食べることが出来たので楽しかった、という訳ですが、
しかし、「衝撃のプリン」という、なかなかの収穫もあった、
チェンラーイだったのでした。





さて、チェンラーイには、
にちこさんの好きなスーパー、BIG Cもあります。

チェンライビッグC

チェンラーイの町自体には、
観光向けの見所はほぼ無いのですが、
周辺の山へのトレッキングは盛んで、
山岳少数民族の人達の村を、訪ねたりも出来ます。

実は、にちこさんは、
山岳少数民族の人たちに対して、
少なからず憧れを抱いているのでした。

今回ぼくらは、悩んだものの、
値段的にも、内容的にも、いまひとつな気がしたので、
チェンラーイでは、そういうトレッキングには参加しませんでした。

そんな折、
この、BIG Cで偶然、山岳少数民族の人たちが、
ラジカセを買おうと、電化製品売場で物色しているのを目撃したのです。

さすがに、写真を撮るのははばかられたので、無いですが、
この民族の人たちを見て、にちこさんが興奮!

トレッキングにはやはり行かないけど、
チェンラーイから日帰り出来る小さな村に、
山岳少数民族の人たちが出没する!
と、地球の歩き方に書いてあったので、
その村にだけでも行ってみよう!
ということになりました。




という訳で、
次回は、山岳少数民族の人たちをたずねて、
メーサローンという小さな村へ、向かいます。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/03/13(土) 00:34:20|
  2. 東南アジア編:タイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

衝撃のプリン

衝撃のプリン!!
気になりますね~~
ぜひレシピを習得して、日本でお披露目してください。
日々、おいしそうなごはんの記録を見ていて、
もしかして、おふたりは、日本へ帰ったら食べ物やさんをするのかな?と勝手に思い始めてきました。
ではでは引き続き、楽しみにしております!
  1. 2010/03/13(土) 12:40:05 |
  2. URL |
  3. うだみき #-
  4. [ 編集]

>うだみきさま

ニーハオ!中国の成都からです!
食べ物屋さんも、出発前から考えてる1つではあるよん!
ただの食べ物屋じゃ終わらせないけどね~!笑
プリンはね、本当に衝撃的なおいしさだったよ。
でもね、レシピ調べると、到底日本じゃ手に入りにくいものばかりなの。
でもでも、本当においしいの。
中国の後、もう1度それを確かめがてら、チェンラーイによってしまうかも。笑

  1. 2010/03/13(土) 14:49:43 |
  2. URL |
  3. にちこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/39-189e2614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。