小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベトナムその6:サパ日記 前編。

サパ1トップ

ベトナム/サパ(2010年2月13日~2月19日)

サパでの1週間は、とても充実した日々でした。
今回は、ちょっと趣向を変えて、日記形式でお送りします。





2月12日(金) サパへ行く日。

この日から、ハノイも急に寒くなる。

サパは、山岳少数民族が集まる小さな町。
周辺の村に住む民族さんたちが、
週末の市場に集まってにぎわうらしい。

実際、どれぐらい民族さんがいるのかは、
行ってみないとわからないけど、
にちこさんも、かなり期待している。
期待しすぎてはいけないけど、楽しみだ。

夜20:35発の電車に乗るため、
タクシーでハノイB駅へ。

ハノイB駅から

早めに駅に着いて、待合室で待機。
何か放送があったので、改札で切符を見せ、
中へ入る、というか、外へ出る。ホームはない。
ぼくらの電車は、ほとんどの車両が寝台車だ。

ソフトシートは、それなりに快適。
車両の中央で、席が向き合うつくり。
夜行なので、車内は消灯される。

サパへの列車

夜の列車にゆられながら、
「銀河鉄道の夜」(細野晴臣)を聴くと、かなりひたれた。

この頃から、ipod touchで音楽を聴くようになる。
(それまでは、WIFIチェッカーとしてしか使ってなかった)




2月13日(土) 大晦日

AM5:00頃、ラオカイ駅に到着。
外はまだ真っ暗。

荷物を降ろしていると、車両の中まで乗合バスの客引きが来る。
1人30000ドンだと言うので、乗ることに。

サパへは、ラオカイ駅前から乗合バス(ワゴン車)で行く。
早朝着の電車に合わせて、駅前に乗合バスが数台待機していた。
サパまでは、約1時間半。

乗合バスの中は、寒かった。
夜が明けて来たが、外は霧でまっしろだ。

サパ到着


宿が決まってない客(ぼくら他)は、
まとめて運転手オススメ(提携)のGHへ。
乗合バスの運転手が、支払いの時になって、
1人40000ドンと言って来たが、30000ドンのはずだと言うと、
すぐ引き下がった。2人で60000ドン(約300円)を払う。

外は霧で10m先も見えないし、寒いし、疲れたので、
$10の部屋を$9に交渉して、とりあえずそこに1泊。
朝早かったので、宿で少し寝る。




10時頃起きて、窓の外を見るも、相変わらずの濃霧。
とりあえず市場へ行ってみようと、外へ。

霧でよく見えないけど、雰囲気は良いねぇ、
民族さんはいるかねぇ、なんて話しつつ、
歩いていると、町は民族さんだらけだった!
すごいすごい!

道端で店を広げる民族さんや、
カゴを背負ってぼくらとすれちがう民族さんが、
そこかしこに。これは楽しそうだ!

サパ市場

市場をのぞくと、1階が食堂エリア。
ここにも、民族さんがたくさん。

市場の食堂は、どの店もフォーばかり。
とりあえず、フォー・ガーを1杯。
この店は、明日の旧正月も営業するらしい。

この日が、旧正月の前日、つまり大晦日だった。
サパがどういう状況か、いささか心配だったけど、
なんとかなりそうだ。




食べていると、隣から、日本語で話しかけられる。
日本人のおじさんで、ひとりでサパへ来ているらしい。
なんと72歳だという。

泊まっている部屋にぼくらを招待してくれて、色々話す。
仕事を引退された後、春から秋の間は、京都で野菜作りを楽しみ、
冬になると、毎年バックパック旅行に出かけるのだそうだ。
かっこいい老後の過ごし方。
世界一周は、いろんな人に出会えて、いろいろ勉強になる。




おじさんと別れた後、
宿探しをしているときに、ピンちゃんと出会う。
モン族だ。

サパには、周辺の村から、
土産物を売りに来ている、民族さんがたくさんいる。
ピンちゃんもそんな1人。

断っても、しばらく一緒について来るので、
どうすればいいかわからない。
どうも、相手が民族さんだと、弱い。
宿を探していると言うと、安い宿を教えてくれた。
そこはほんとに安かった($6)ので、翌日引っ越すことにした。

その後も、ピンちゃんがセールスしてくるので、
「そんなのより、あなたの着ている服がほしい」
と、にちこさんが言うと、村に来てくれれば、
古い服を売ることが出来る、と言う。

そこから話が広がって、
火曜日にピンちゃんの家に、
ホームステイしに行くことになった。

服を買ってくれたら、ツアー代はいらない、
服を買わなかったら、1人200000ドン(約1000円)だという。

ピンちゃんが、ごはんも作ってくれるという。

ピンちゃん

ツアーは嫌だから、
村へも無理して行くつもりはなかったのだけど。
初日から予想外の展開。

思いがけず、
モン族の村でホームステイ出来ることになってしまった!

ちょっと心配なところもあるけど、
にちこさん憧れの、山岳少数民族の村へ行けるのは、
貴重な経験になるだろうし、
楽しみにしていよう!




ピンちゃんと別れて、再び市場へ。

フォー以外に何かないか探してみつけた、
チキンとごはん(20000ドン、約100円)を食べていると、
今度は、隣の席のザオ族のおばちゃんに、
「そのズボンかわいい!」と、にちこさん。

食事中だったおばちゃんは、しめた!と、
カゴの中から新しいズボンをひっぱり出してくるが、
「おばちゃんのはいてるやつの方がかわいい」
と、にちこさん。

はぁ!?これ??と不思議がりながらも、
じゃあ、脱ぐからはいてみなと、ズボンを脱ごうとするおばちゃん。
イヤイヤ!まずいよおばちゃん!と止めても、
中にもう1枚はいているから大丈夫だ!(モンペをはいてた)と、
ズボンを脱ぎ、にちこさんに着せ始めるおばちゃん。

ザオ族1


結局、ズボンと帯を購入。
ズボンも帯も、手縫いの刺繍が素晴らしい。

ザオ族2

ちょっと高かったけど、ザオ族のおばちゃんが身に着けていたものを、
直接買えたということに価値がある、ということで。



今日は、いろんなことがあったなあ。
充実した日だった。


この日の夜、
宿で、小さな年越しパーティーがあった。

サパ大晦日パーティー

この日本語を喋れる女性は、
宿の人じゃなくて、後日買い物をした、
民族衣装ショップの娘さん。

ライスワインと言われて、
飲んでみると、日本酒だった。




2月14日(日) 旧正月。

旧正月当日。
昨夜はパーティーに参加させてもらったけど、
朝、チェックアウトして、$6の安宿へ引越し。
サパには1週間滞在するので、宿の安さは重要なのだ。

しかし、引っ越した部屋は臭かった。
トイレが臭くて、その臭いが部屋に漏れる。
昨日、部屋を見せてもらった時は気づかなかった。

市場へ行くと、ほとんどの店は休みだったけど、
2~3軒の食堂が開いていた。
とりあえず、フォー。
昨日と違う店で食べたら、15000ドン(約75円)だった。
スープは味の素だけど、おいしい。

2日目のフォー1



この日は、ハムロン丘という、
サパの町の裏手にある、山に登ってみた。
入場料、30000ドン(約150円)。

ハムロン丘

サパは、霧の町だ。
晴れる日は晴れるらしいが、
滞在中、まともに青空がみえたのは、この日だけ。

周囲の山々に霧がかかる様子は、
まるで、もののけ姫の世界だ。

サパの霧

そういえば、アシタカの村の女の子が着ていた服は、
モン族の民族衣装に似ていたような…。

サパに来て、もののけ姫は、
山岳少数民族アニメだったのだな、と思うようになる。

ハムロン丘は、2時間位でひととおり周れるが、
わざわざ登るほどではない。ヒマつぶしにちょうど良い程度。




下に降りて、市場でまたフォー。
赤飯のようなものを、一口食べさせてもらうと、
醗酵していて、酒の味がした。

2日目のフォー2

それから、ヤキイモを食べる。
広場周辺の、BBQ屋台で売っているヤキイモ。
このヤキイモは、美味しかったし、ありがたかった。
フォー以外の食事として貴重だったのだ。

ロイヤルホテルサパの、斜め向かいで売ってるパンも食べた。
なんちゃってクロワッサンとかだし、1つ10000ドン(約50円)と高いけど、
これも、フォー以外の味として、重宝した。

ヤキイモとパン

サパには、ツーリスト向けのカフェばかりで、
そういう店に入らないぼくらにとっては、
食事といえば、市場のフォーしかなかったし、
フォーばかり食べていた。




2月15日(月) サパがモン族で溢れる日。

旧正月の翌日。
この日も、霧がすごかったが、
外へ出ると、町中が、モン族の人たちで溢れていた。

昨日、旧正月を自分の村で過ごして、
今日は、サパの町へ遊びに出てきた感じだろうか。

モン族だらけ!

広場は、モン族だらけ。
これは、旧正月ならではの光景かもしれない。

広場では、いくつかアトラクションがあって、
モン族の人たちが遊んでいた。

モン族だらけ2

竹の棒渡りや、棒のぼり。
棒の先には、お菓子が入ったビニール袋が下がってて、
そこまで登れたら、そのお菓子をゲット出来る。


花モンさん

花モン族の女の子も少しいた。




この日も食事は、フォーとヤキイモとパン。

ぼくらは、ヤキイモを食べると、
食べ残したヘタの部分を捨てないで、このワンコにあげていた。

サパのワンコ

最初の宿の近くで飼われている犬なんだけど、
わざわざ、会いに行って、ヤキイモをあげるのだ。
なかなかかわいいワンコだった。





さて明日は、
いよいよ、ピンちゃんとの約束の日。
モン族の村へ行く日だ。

後編につづく。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/05/16(日) 05:18:15|
  2. 東南アジア編:ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

ぎゃーワンコかわいい!身悶え。

サパすっごいよさそう!
にちこさんも充実だね。

そして72歳のじいちゃんがすっごい気になる~。
連絡先聞いた?
歳とったらこんな暮らし方したいね~。

私は今日からハワイに行ってきま~す。
  1. 2010/05/16(日) 09:58:04 |
  2. URL |
  3. ムツ #-
  4. [ 編集]

>むっちゃん

このワンコはかわいかった!

今はトルコだけど、その前の中東は、
ぜんぜん犬がいなかったなー。
ネコばっかしだった。

サパとこの後行くバックハーはオススメだよ!
ベトナムはもういいけど、
サパとバックハーはもう一度行きたい。

おじさんは連絡先は聞かなかったんだよね。

ハワイ、今のところ最後に行く予定です。
予定は未定だけど。
おいしいお店レポプリーズ!
  1. 2010/05/16(日) 16:12:44 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

わんこ!

ほわー、ワンコかわええ・・・
歯がギザギザで、漫画みたいだ~

それにしても、ブログを読んでいると
金銭感覚がわからなくなってきます^^
  1. 2010/05/19(水) 15:18:11 |
  2. URL |
  3. ウダガワ #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

>ウダガワさま

あのわんこは本当にかわいかったよ。
飼い主に与えられた残飯はいつもエサ入れに残っていて、、
やきいもの皮をあげるとめちゃくちゃ喜ぶの。
ずっとわたしの手をペロペロして、毎日別れが切なかった…笑

金銭感覚はほんとおかしくなるよ。
今、トルコで一気に物価が上がったので、
この頃の記事を読むと、ふへ~と思います。
  1. 2010/05/19(水) 19:47:44 |
  2. URL |
  3. にちこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/49-6687ddb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。