小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

広州其の一:食は広州に在り 前編。

広州1トップ

中国/広東省広州(2010年2月25日~2月28日、3月5日)

波乱万丈!大中国編のはじまりです!
中国で最初に訪れたのは、北京、上海に次ぐ大都市、広州です。






ベトナムから中国へは、バスで移動しました。
ハノイから南寧へ…のはずでした。


Dan Tocホテル


ハノイのキムリエントラベルで買えた、中国へのバスチケットは、
南寧行きでした。バスは、キムリエントラベルとはまた違う、
Dan Tocホテル前から出発します。
(ホアンキエム湖北のバス乗場から9番バスで行けました。)
バスは、8:45発でした。

ハノイから中国国境


東南アジアを後にして、いざ、中国へ。

ベトナム国境で、下車。
首にバス会社のカードをさげられ、
荷物を持って、カートに乗って、国境へ。

イミグレの出国手続きはベトナム流です。
窓口の係員へパスポートを渡し、まとめてスタンプが押された後、
係員が外に出てきて、名前を呼ばれて、パスポートが返されます。
めちゃくちゃ混雑した窓口でした。

ベトナムを出国し、中国側イミグレーションへ。

最初に、体調検査のようなものがありました。
その後、入国カードだけ書いて入国。
スムーズでした。

再びカートに乗って、バス乗場へ。
ハノイから乗って来たバスはおらず、
中国側のバスへ乗り換えです。

中国国境バス

バスは何台か並んでいて、
「南寧、南寧」と言っていると、バス会社の人が南寧はこのバスだ、
と教えてくれましたが、中国語です。ここはもう中国です。

途中から、英語が少し話せる女の人が、助けてくれましたが、
どうも、「南寧」だが「ランドンバスターミナル」だ、と言っているようでした。
よくわからないまま、南寧へ向けて再びバスに乗り込みました。

中国国境から南寧

このバスは大きくて、ハノイからのバスより快適でした。
車内では、日本でまだ公開されてなかった、
「District 9」のDVDが流れてました。

まだ、バスに乗っただけですが、
中国に来た実感がありました。
東南アジアのどの国とも違う、
独特の空気に変わっていました。

中国では、まず、永定の土楼へ行ってみるつもりでした。
永定に行くために、南寧を経由して広州まで行き、
広州から永定へ行こう、と考えていました。





19:00頃、南寧のバスターミナルに到着しました。
ハノイから、約11時間です。

ところが、到着したバスターミナルが、
歩き方に載っている、市内のターミナルではなかったのです!
近くのホテルで聞いて、現在地を確かめると、
到着するはずだった街の中心からだいぶ遠いようでした。
中心へ行く路線バスがないか見てみるも、よくわからず…。

これは困った!どうしよう!?
ぼくらはこの日、南寧に1泊するつもりでいました。

でも、ちょっと待って!
このバスターミナルから、広州行きは出てないの?
と、にちこさん。

ここから広州行きが出てれば、街の中心へ行かずに、
この近くのホテルでとりあえず1泊することも可能です。
なるほど!早速、広州行きがあるかどうか調べました。

ランドンチケット売場

広州行きはありました。
運良く、ターミナルにATMもあり、元もおろせました。
しかも、まだこれから乗れる夜行もあるといいます。

ここまで11時間もバスに乗って来て、
連チャンになっちゃうけど、このまま行くのもアリかも!
ということで、21:35の広州行きに乗ることにしました。
しょっぱなから強行軍ですが、ここはがんばることにしました。
(南寧~広州の夜行バスは1人250元、約3,250円)

ランドンターミナル

チケット売場のおばちゃん曰く、
市内のバスターミナルは古いターミナルで、
到着したランドンバスターミナルが新しいターミナルなんだそうです。




チケットを買って、ようやく一息。

ランドンのうどん

バスターミナル内の食堂で食べたこの麺が、
中国での初食事でした。麺は、乾麺のうどんのようでした。
1杯6元(約78円)。

1時間ぐらい遅れて来たバスは、
恐れていた寝台バスでした!

チケットに、「臥」と書いてあったので、
もしかして…と思ったら、案の定でした。

中国の寝台バスは、
足臭さがものすごいという噂だったのです。

車内は、噂どおりの足臭さでした。笑
ぼくの足も人のことを言えた義理ではないものの、
臭かったです。

広州行き寝台バス


中国は、トイレがニーハオトイレ(個室に壁がない)だったり、
カーペッ!とタンを吐きまくりらしいという噂だったり、
電車のトイレはうんこ山盛りという噂など、
事前情報がソウゼツだったので、ある程度覚悟はしていましたが、
この寝台バスが、最初の洗礼になりました。

まあ、なにはともあれ、出発です。

しばらく走ると、
途中で何人か乗ってきました。
でも、ベッドはいっぱいなのに、どうするのか?と思いきや、
無理矢理、廊下スペースに寝せられていました。
なかなかヒドイです。




早朝、大きなバスターミナルに到着。
終点ではないようでしたが、降りてしまいました。
またもや、どこだがよくわかりません。

しかし、このターミナルには、
地鉄(地下鉄)が併設されていました。

バスターミナルから地鉄

地鉄で、広州火車站(鉄道駅は火車站)へ。
そこから更に、公園前站へ移動し、
歩き方に載っていたビジネスホテルへ。
しかし高い!ツインで229元(約3000円)です。
でももうしょうがなくて、ここに1泊。
ハノイから、約24時間移動。
さすがにちょっと疲れました。

広州ビジネスホテル

広州では、ぼくらは安宿がわからず、
高い宿にしか泊まれませんでした。
後日、調べたところ、泊まれる招待所(中国人向け安宿)もあるらしく、
広州站近くのホテルだと、客引きがいて、
安めに交渉も出来そうでした。

ホテルは、有線でネットもつながり、
そして、衛星TVが見れました。




実は、ちょうどこの日は、バンクーバーオリンピックの、
フィギュアスケートのフリープログラムが放送される日で、
なんとチェックイン直後、奇跡的に真央ちゃんの演技が観れたのです!

にちこさんもぼくも、浅田真央ちゃんの大ファンです。
中国入りの日と重なったので、
諦めていたのですが、ラッキー!です。

真央ちゃんフリーを観る

しかも、フリーの前に、前日のショートプログラムの再放送も!
残念ながら、真央ちゃんは銀、キムヨナが金でしたが、
なんだか、にちこさんががんばったごほうびのようでした。




南寧のATMでおろしたお金では、
足りそうもないので、トラベラーズチェックを両替すべく、
近くの銀行へ行きました。

しかし、そこでは、TC両替は出来ないようで、
中国銀行でなら出来ると教えてもらい、中国銀行へ。

中国銀行ならどこでも出来るのかと思ったら、
大きな中国銀行でしか出来ないらしく、
大きな中国銀行を探して歩き回ります。

やっとたどり着いた、大きな中国銀行。
TC両替も出来ましたが、両替してもらうのに1時間かかりました。
どうにも、手続きが大変で、係員が何枚も書類を書き、大変です。
東南アジアなら、町の両替所で30秒かからないのに。
中国では、TC両替は出来るだけ避けた方がいいようです。




それから、ぼくらの目的地である、
永定の土楼までの、鉄道チケットを買いに行きました。
ひとまず、広州火車站へ。

広州駅の行列

こ、これに並ぶのか~!?とビビリましたが、
歩き方によると、広州東站からも長距離列車は出てるらしく、
これに並ぶ前に、とりあえず東站へ行ってみようと、
地鉄で広州東站へ。

東站で、Long Distance Train Ticket の表示を見つけ、
たどって行くと、長距離列車のチケット売場が見つかりました。

広州東駅のチケット売場

行列も大したことなく、チケットはここで買えました。
よかった~。

歩き方によると、永定の土楼へは、
永定の隣駅の龍岩からの方がよさそうな感じだったので、
翌々日の龍岩行き、K297、硬座を購入しました(1人104元、約1300円)。
(実際行ってみると、永定からでも問題なさそうでした。)




広州では、もうひとつやっておきたいことがありました。
サパで買った民族衣装や、その他のお土産を、
日本へ送ってしまうことです。

広州の郵便局は、
広州站前の広場、駅を背にして右手にあります。

前日、ネットで送り方の下調べをし、
予め、伝票をもらって、書いておいた上で、
郵便局へ行きました。

この郵便局の窓口の局員の方の対応は、
素晴らしいものでした。

発送する内容物を、ひとつひとつ確認される、
ということはわかっていたので、
中身が全部見れるように梱包しないで持って行きました。
実際、細かくチェックされましたが、
袋から出したモノを、律儀に入っていた通りに戻してくれて、
ダンボール梱包も、全てやってくれました。

広州の郵便局

社会主義国だと、公務員の人は偉い立場だから、
邪険に扱われたり、横柄に扱われたりするのかな、
などと思っていましたが、とんでもない。

中国の国家公務員のみなさんは、
すばらしく働き者の人が多かったです。
2人して、拍手したい気分で郵便局を後にしました。

荷物は、8kgを船便で、226.7元(約3200円)でした。
思ったよりも安かったです。




広州の街は、都会でした。
そして広いです。
広州站前の広場は巨大で、端から端まで、
徒歩で15分ぐらいかかりました。

街は広いので、移動はもっぱら地鉄です。
地鉄は、とてもキレイでとても便利でした。

広州の地鉄は便利

人は多いです。
中国は本当に人口が多いのだな、
ということが街を歩くと実感出来るほど、
人が多いです。

町では、タンを吐きまくりという噂でしたが、
広州のような都会では、もはやそんなことはありません。

タン禁止

そして、中国で最初に訪れたこの広州は、
「食は広州に在り」の言葉通り、
美味しい広東料理に溢れていました。




というわけで、
次回、後編は、タイトル通り、
広州で満喫した美味しいものレポートです。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/06/02(水) 05:17:28|
  2. 中国編;広州、永定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/54-8f5fbf0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。