小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラオスその1:のんびりの国、ルアンパバーン滞在記。

ラオス2トップ

ラオス/ルアンパバーン(2010年4月4日~4月7日)

ルアンパバーンは、のんびりした、いいところでした。
滝ツボでターザンもしました。激暑だったけど、楽しかったです。




奇跡のバカ移動を終え、ルアンパバーンに到着したのは、
夜の21:00をすぎた頃でした。
到着したバスターミナルは、もう真っ暗です。
しかも、町から少し離れているので、町の中心まで、
トゥクトゥクで移動しなくてはなりません。

バスから一緒に降りた人も少なかったため、
トゥクトゥク料金は、運転手の言い値売手市場。
交渉したものの、2人でUS$4(約360円)とられて、
とりあえず中心へ移動しました。

トゥクトゥクが、(おそらく)提携している宿の前で停まりましたが、
そんな宿は高いので、真っ暗な中、宿探しです。

とはいえ、クタクタなので、安けりゃどこでも構いません。
次にたずねた宿が、ウチは満室だからと、連れて行ってくれた
民宿のような宿が、2人で50000kip(約500円)だったので、決定。
とりあえず、ここで1泊です。



ここが、その民宿のような宿。

ルアンパバーン宿

商店の2階に、部屋があるのですが、宿としての看板はなく、
紹介してもらわない限り、ここが宿だとは絶対わかりません。
ぼくらは、秘密基地と呼んでました。

翌朝、もう一度宿探しをしたものの、
なんとなく、ここでいいか、ということになり、
引越しせずに、滞在中ずっとこの宿で過ごしました。

ちなみに、ルアンパバーンには、80000kip(約800円)ぐらいで、
クオリティの悪くない宿がたくさんあります。

だから、引越しても良かったのですけど、
初日は貸切状態(宿泊者がぼくらだけ)だったし、
激安だったし、引越しも面倒だし、
宿のおじさんがとても親切だったので、
居心地も良かったのです。

最終日には、夕方まで無料で、
部屋にいさせてもらってしまいました。




ルアンパバーンは、猛暑でした。
この時期、ラオスに限らず、東南アジアは暑期なのです。

気温が、40℃近くて、うだるような暑さ…どころではなく、
うだって動けなくなる暑さ、でした。

ルアンパバーン町

朝と夕方は、そこそこ涼しくなりますが、
日中は、1時間も外にいられません。

そのため、毎日、少しずつ町を散策してたら、
2泊のつもりが、4泊になってしまいました。

まあ、それだけでなく、
ルアンパバーンが、のんびりした時間の流れる、
のんびり過ごしたくなる町だったからです。




ルアンパバーンは、よいところでした。

観光客向けのカフェや、ツアー会社も並んでますが、
そのすぐ隣に、ローカルの市場や食堂があります。

歩いてすぐのところに、メコン川が流れ、
夜には、ナイトマーケットが開き、にぎわいます。
町のサイズも、歩いて散策するのに、ちょうど良い小ささです。

なんとなく、訪れているツーリストの質も、
落ち着いてる感じの人が多い気がしました。

そして何より、ごはんがとても美味しいです。

東南アジアの中でも、1、2を争う美味しさでした。
ラオス特有の料理というのは、少ないみたいですが、
他の東南アジアの国に比べて、味つけが繊細でした。
東南アジアは、「味の素」なだけの味つけが多いのですが、
ラオスのごはんは、ちゃんと複雑な味がしました。

というわけで、ルアンパバーンで食べた、
おいしいごはんは、次回じっくりお届けします。




ルアンパバーンの市場です。

ルアンパバーン市場

メインストリートのはずれにあります。
市場といっても、一本の路地にお店が並んでいるだけですが、
ほとんどのお店が、惣菜屋か、その場で食べられる屋台なので、
ぼくらにとってはたまりません。しかも美味しい!
この市場で食べたものは、次回じっくりと。

市場のすぐ先に、メコン川が流れています。

ルアンパバーンメコン川

あの時、フエイサイに行っていれば、
このメコン川を、ボートで下って、
ルアンパバーンまで来ることも出来たのですが。
いまとなっては、後の祭り。




ツアー会社の並ぶ、メインストリートは、
夜になると、ナイトマーケットに変わります。

ルアンパバーンナイトマーケット

東南アジアのナイトマーケットは、
あまり面白くないことが多いですが、
このナイトマーケットは、なかなか楽しかったです。

民族さんの刺繍や、シルク布や、かわいいお土産が並び、
雑貨好きにはたまりません。交渉すればかなり安くなります。
当然、にちこさんもスパーク。いろいろ買ってしまいました。

ラオス刺繍絵本

これは、刺繍絵本です。
6~8ページぐらいの布の絵本で、絵が刺繍です。
数冊購入しました。




ぼくらが発見してしまった、
天才おばさんの人形屋さん。

ラオス天才おばさん

他の店のお土産人形は、もう少し上手に作られているのですが、
このおばさんの手作り人形は、ヘタウマを通りこして、天才です。
(ヘタとも違う微妙なニュアンスが伝わりますでしょうか)

周りの店が、ちゃんとした商品を売ってる中で、
コレを売ってしまっていられる、その天才っぷり。
しかも、けっこう高い。笑

ラオス天才おばさん2

そんな天才おばさんに、ちょっとグッときて、
このときは、ぼくらが買わねば誰が買う、と思ってしまい、
気づくと、こんなに買っていました。

今となっては、「いらないんですけど笑」と、
にちこさんは、言ってますが…笑。

ラオス民族子供服

他にも、子供服の民族衣装、Tシャツ、にちこさんのズボンなども購入。
くれぐれも上手に値切ることをオススメします。



東南アジアの、猛暑期のお祭りといえば、
ソンクラーン(タイの旧正月)の、「水かけ祭り」です。

「水かけ祭り」は、タイのチェンライが本場ですが、
タイ各地はもちろん、近年では、カンボジアや、ミャンマー、
ラオス、中国雲南省でも、行われるようになっています。

ルアンパバーンでも、例年行われているのですが、
ぼくらが滞在した頃は、まだちょっと、時期は早かったのです。

早かったのです、が、
町のあちこちに、「水かけ祭り」予行演習部隊が。

水かけ祭り予行演習

予行演習部隊の大半は、
待ちきれない、というか、ひまな子供たちです。
涼しくなる夕方の、少し前に出没します。

まだ本番ではないので、観光客に対しては、
遠慮がちですが、地元の人は思いっきりやられてました。

道端で、バケツを持って、待ち構えているので、
部隊を確認したら、道を変えたりして回避出来るのですが、
目が合って、こっちが逃げると、追いかけて来ます。

水かけにちこ

というわけで、にちこさんがやられました。




メコン川とは別に、もう1本、近くに川があります。

川の対岸の村に、橋を渡って行けたので、
ちょっと、行ってみました。

ルアンパバーン川の対岸

まあでも、何があるというわけではありませんでした。

ルアンパバーン川の対岸2

ここにも、予行演習部隊が。




ルアンパバーンで写真を撮らせてもらった、ご老人と子供。

ルアンパバーンの人

左:春巻屋の愛想のいい男の子。
中:日本語で挨拶してくるアイス屋のおじいさん。
右:宿のおてんば娘。

ルアンパバーンは、人ものんびりしてました。
全体的に、とても人も良くて、観光スレもほとんどしてません。




ところで、ルアンパバーンで、
1つ、にちこさんが楽しみにしていたことがありました。

世界一周出発前に、よく参考にしていた、
タビゴコローズという、世界一周ご夫婦のサイトがあるのですが、
その、タビゴコローズのお二人が、ルアンパバーンの近くの滝で、
ターザンをして遊んだ、という記事があって、にちこさんは、
「わたしもやりたい!」と、思っていたのでした。

そのターザンが出来る滝というのは、
ルアンパバーン近郊の、クアンシーの滝のことです。

トゥクトゥクで45分ほどで行ける場所で、
ツアー会社のツアー(送迎のみ)が毎日あります。
1人30000kip(約300円)でしたので、ぼくらも行ってみました。
別途、入場楼40000kip(約400円)もかかります。

クアンシーの滝1

クアンシーの滝です。
滝そのものは、一番奥にあって、
その滝から出る水流が、下流にいくつかの、
棚田のような小さな滝や、池ほどの滝つぼをつくっています。

クアンシーの滝2

町は猛暑ですが、この滝は涼しく、
水もキレイで、かなり気持ちの良い場所でした。

上流の方は、入水禁止ですが、
下流の方は、遊泳OKなところが2箇所あります。




さっそく、1つめの小さな滝へ飛び込みました。

クアンシーの滝3

水はちょっと冷たいけど、気持ちいい!です。
写真でみると、かなり低い高さですけど、
飛び込んだ時は、これでもずいぶん高く感じました。

にちこさんもジャンプしましたが、「た、高い~!」とびびって、
「いつか、バンジージャンプしたいと思ってたけど、全然ムリかも…」
と、言っておりました。

飛び込んだ滝ツボは、足が全然つかないほど深いです。
(だから飛び込めるわけですが)
にちこさんは、それも怖くて、飛び込んだ後、
岸まで、必死に泳いでました。




その次は、いよいよ念願のターザンです。

大きな滝つぼにせり出した木から、ターザンします。
さっきの小さな滝より、だいぶハードルが高いです。

クアンシーの滝5b

とりあえず、ぶーさんが先に飛び込んでみました。
トップ画像が、それです。(ヘンな飛び込みポーズ)

さっきの小さな滝で、
すっかり尻込みしてしまったにちこさんも、意を決してダイブ!

クアンシーの滝4

この滝ツボも、もちろん足はつかず、
水もけっこう冷たいので、心臓麻痺で溺れるんじゃないかと、
またもや、岸まで必死に泳ぐにちこさん。

ともあれ、目的のターザンジャンプを達成し、
にちこさんは大満足でした。

そんなへっぽこなぼくらを尻目に、さっきより全然高い滝で、
小さなこどもが、何度も飛び込んでました。

クアンシーの滝6

という感じで、なかなか楽しい、クアンシーの滝でした。

もし、この滝に行かれる方がいらっしゃいましたら、
水着はマストです。水に入ってない人もけっこういましたけど、
飛び込んだ方が、断然楽しいに決まってますので。




ルアンパバーンの、もう1つの目玉に、
僧侶の托鉢(たくはつ)があります。

早朝、朝もやの中、托鉢をする僧の行列が見られるのです。

托鉢とは、修行僧が、家々を巡って、
食事や、生活必需品などを乞う修行のことで、
修行僧に、それらのものを与えることで、
信者は、徳を積むことが出来る、というものです。

ルアンパバーンの托鉢は有名で、
メインストリートでは、観光客が托鉢したりも出来るらしいです。

ぼくらも、最終日の早朝、見に行こうとしたのですが、
宿の扉が閉まってて行けませんでした。笑

でも、部屋の窓から、
向かいの家々の、托鉢風景を見ることが出来ました。

ラオス托鉢

とても静かで、幽玄な雰囲気のある光景でした。




ラオスでは、ルアンパバーンのみの滞在でした。
ビエンチャンも行こうか、と思ってたのですが、
その予定日数を、ルアンパバーンで使ってしまいました。
それだけ、居心地がよかったのです。

ルアンパバーンは、とてもよい町でした。

ラオスに来たのは、この旅での東南アジアの、
一番最後だったけど、東南アジアで一番良いかもしれない、と思いました。
ルアンパバーンだけなのでなんともいえないのですが。

そのうちまた、絶対、再訪したい国のひとつです。
次回は、絶対、猛暑期じゃないときに来ます。笑

さて、ルアンパバーン編は次回に続きます。

次回は、おなじみだけど久しぶりの、
ルアンパバーンのおいしいごはん、です。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/08/22(日) 12:52:49|
  2. 東南アジア編2:ラオス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

コメント

天才オバサン最高ですね!

どうもこんにちは。土楼でお世話になった者です。
今は日本に帰ってきました~。

それにしても、思わず天才人形オバサンの所で爆笑w
最高ですね!どうしても目を引く何かを感じてしまいます。
まさに天才ですね。すごいです!

そのおばさんに会うためだけにラオスに行きたいくらいですw

では残りの旅もお気をつけて。
更新楽しみにしております♪

  1. 2010/08/22(日) 14:43:22 |
  2. URL |
  3. チーフ #-
  4. [ 編集]

>チーフさん

おひさしぶりです!!!!
コメントありがとうございます!
その節はほんとにお世話になりました!

そしてまさか天才おばさんに反応して
いただけるとは!笑 伝わって良かったです。笑

日本に帰って来られたんですね~
ぼくらが帰国したら、ぜひ、この天才おばさん人形を見に、
家に遊びに来てください!
  1. 2010/08/22(日) 22:59:21 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

いいねいいね、東南エイジア!!!
あのムンムンさが伝わりますわ!
それにしても天才おばさんの”ぬるぐみ達”、ワイフの絵と似てるじゃん!
  1. 2010/08/23(月) 01:57:16 |
  2. URL |
  3. やすお #-
  4. [ 編集]

>やすおさん

(たまにはぶーさんから返信を)
“ぬるぐみ”というのが、意図的なのか、
ミスタイプなのかはさておき、
まさに、“ぬるいぐるみ”でした!

そして、あれです、
なにをかくそう、ワイフも天災(!?)ですから。
  1. 2010/08/23(月) 06:43:02 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

ルアンパパーンなつかしいですね~
酷暑の時期は、そんなにも気温が上がるんですね。
そんな気温では、溶けてしまいそうですね。

私たちが滞在していたときは乾季だったので
日中は32~33℃くらい、朝晩は涼しかったです。

ターザン、楽しそうですね~♪
こんな場所があることを知りませんでした。
タビゴコローズさんのHPは、前から見ていたのに。。。。。
  1. 2010/08/23(月) 23:58:38 |
  2. URL |
  3. トミー  #-
  4. [ 編集]

あれ?上野山荘のダイニングテーブルで言わなかったっけ?
シウダーデルエステからプエルトイグアスへのバス移動中、
大量のぬいぐるみを袋に詰め込んで移動してたババアを見て
”コノヒト ジャマ、コンナイッパイ ヌルグミ モッテ”と
ぼやいていたのです・・・
”え?今何を持ってるって言った?”と言ったら
”ナンデモナイ”って、間違えを察した旦那でした。
  1. 2010/08/25(水) 04:42:57 |
  2. URL |
  3. やすお #-
  4. [ 編集]

>トミーさん

32℃とか、それぐらいがちょうどいいですねーきっと!
ラオスは暑すぎると、無駄に滞在が長くなります。笑

タビゴコローズさんのルアンパバーンは、
水掛祭り中心でしたものね。最後の方にちょこっと
この滝のことが出てくるのです。
  1. 2010/08/29(日) 23:18:46 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

>やすおさん

あああああ~!失礼しました!

我々は、ようやく昨日ポトシに到着!
やっとネットも繋がりましたが、めっちゃ遅いです。
後ほど、ワイフからメールも返信させて
頂きますです。
  1. 2010/08/29(日) 23:24:16 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

はじめまして。
私もこの夏にビエンチャンとルアンパバーンに行きましたが、断然ルアンパバーンの方が素敵でした。ひとびとの瞳の輝きが違いました。あと、ナイトマーケットも本当によかった~
  1. 2010/10/23(土) 15:15:36 |
  2. URL |
  3. さくら #-
  4. [ 編集]

>さくらさん

はじめまして!コメントありがとうございます!
ルアンパバーンいいですよね~!
ぼくらは今、メキシコでタコス三昧の日々なんですが、
「なんかむしょうにアジアごはんが食べたい…」
と、にちこさんは言っております。
ああ、もう一度東南アジアに行きたい…。
  1. 2010/10/25(月) 04:45:23 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

叶わね~。
「やれ!」って言われても、こういう事って出来ないものです。
でも驚いた時に「キャ~ッ」とは言えます。笑
  1. 2010/11/02(火) 12:50:40 |
  2. URL |
  3. やすお #-
  4. [ 編集]

>やすお

あのビックリ声には心底ビックリしました。
このトップの写真を喜ぶのは、にちこさんだけかと思ってたけど、
やすおさんの心の琴線にも引っかかってよかったです。笑
  1. 2010/11/03(水) 13:17:18 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

天才おばさん!

はじめまして!つい先日、3ヶ月の東南アジア周遊から帰ってきたものです。わたしもクアンシーの滝でおよいだので懐かしく拝見しました。ところで、わたしもナイトマーケットの天才おばさんの魔力にやれてしまった一人です。それで検索して、ここにたどり着きました。もし、本当におばさんの作品が手に余るようでしたら(笑)、譲っていただけませんか?お金も払います…。とはいえ旅の記念品ですから、この申し出が失礼でしたらすみません。私はあんまりにも気に入ってしまって、おばちゃんの作品のためにもいちどラオスに行こうかと思うくらいです(^_^;)
  1. 2013/05/03(金) 10:05:56 |
  2. URL |
  3. Nina #-
  4. [ 編集]

>Ninaさん

返信が遅くなりまして申し訳ございません!
コメントありがとうございました!
天才おばさんの人形は、帰国後、お土産であげたりして、
いくつかは人に譲ってしまいましたが、まだいくつかは残ってはいます…
が、ぼくらにとっても不要なものではなく、
思い出の品ではあります…が、もし「どうしても!」ということであれば、
お売りすることも不可能ではございません。
もし「どうしても!」というご希望がございましたら、
直接メール頂ければと思います。
よろしくお願いします!
  1. 2013/05/05(日) 21:08:54 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/74-1dab0f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。