小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワディ・ムーサ:ぺトラ遺跡に木霊する、驢馬の雄叫び。

ぺトラトップ

ヨルダン・ハシミテ王国/ワディ・ムーサ(2010年5月1日~5月2日)

世界遺産ぺトラ遺跡を見ようと、ヨルダンへやって来ました。
「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」に登場する、あの遺跡です。








インドで、なんとか美味しいインドカレーを満喫したぼくらは、
次なる地、中東へと向かいます。

中東へは、飛行機でひとっとびです。
まずは、アンマン(ヨルダン)へ。




アンマンへの飛行機は、デリー発、AM5:30便だったので、
深夜にホテルを出ました。

空港へは、ホテルパヤルに頼んだタクシーで向かいます。
外に出ると、全ての店のシャッターが閉まった人気のない、
パハールガンジ通りに、大きな牛が何頭か立ちすくんでいて、
不思議に異様な雰囲気でした。

インドの空港は、
チェックインや荷物検査に、やたらと時間がかかると聞いていたのですが、
ほんとに時間がかかりました。
ただ見てると、インド人に対して時間がかかっていて、
外国人のぼくらには、さくっとした対応でした。

ヨルダン航空

ロイヤルヨルダン航空の飛行機は、なかなか快適です。
6時間のフライトで、機内食とオヤツが出ました。




アンマン到着は、ヨルダン時間AM9:00頃。
朝着だったので、アンマンに1泊せず、ぺトラ遺跡のある、
ワディ・ムーサへ、その日のうちに移動します。

空港から、ワディ・ムーサまで(ぼくらの場合)
市内へは、ターミナル2前から出ている、黄色いエアポートバスです。(1人3JD、約400円)
約40分で、ムジャンマ・シャーマリー(北バスターミナル)に到着。
ここから、ムジャンマ・ワヘダッド(南バスターミナル)へ行くつもり…だったのですが、
タクシー運ちゃんに囲まれ、セルビスはないと言われ…、
タクシー(4JD、約540円)で、ムジャンマ・ジャヌーブへ。
(ここまでは、まだアンマンです)
そこから、セルビス(1人5JD、約670円)で、ワディ・ムーサへ。
約3時間で到着しました。


…という感じで、空港から一気にワディ・ムーサまで移動しましたが、
ぼくらは、タクシーやセルビスに、かなり多めに払ってます(失敗)。




ぺトラ遺跡は、このワディ・ムーサのすぐ近くにあり、
遺跡には、この町に1泊して行きます。

ワディ・ムーサ

宿は、バックパッカー常宿の、バレンタイン・インです。

バレンタインイン

ぼくらは、この旅で、バレンタイン・インが初ドミでした。




さて、インドから中東へと、やって来ました。
といっても、ぺトラ遺跡の町ワディ・ムーサは、思いっきり観光地なので、
この後ぼくらが満喫する、中東世界とは、ちょっと趣が異なります。

町の物価も、思いっきりツーリスト価格です。高いです。
バレンタイン・インには、4JD(約540円)の夕食があり、とても好評で、
ほとんどの宿泊客がそれを食べますが、ぼくらは食べませんでした。
なぜなら、その町その町で、安くて美味しいごはんを探すことが、
ぼくらの旅の最大の楽しみであることは、もはやご承知の通りだからです。

とはいえ、ワディ・ムーサはやはり手強く、
歩き方の地図書いてある「安レストラン」に行ってみたものの…

ぺトラの安レストラン

みごと惨敗。(これで3JD、約400円)

同じく、歩き方の地図にある、「良心的な商店」で、少し食材を買っておきました。

でも、1軒だけ、安くてよい店がありました。
その「良心的な商店」と同じ並びにある、パン屋さんです。

ぺトラパン屋

この町で、唯一見つけた安い店だったで、次の日も行ったら、
「オー!また来たか!」と、おじさんの愛想も良くなってました。
同じ店にリピートすると、よくあることですが、
また来たこっちも嬉しくなります。




ぺトラ遺跡には、バレンタイン・インの無料送迎バスで、
遺跡の入口まで行きます。朝8:00のバスで行きました。

ぺトラ入口

チケット売場です。
ぺトラ遺跡入場料1日券は、なんと33JD(約4400円)。高いです。

しかもこの入場料、
2010年11月には、更に値上がりし、
なんとなんと、1日券が、50JD(約6700円)になってしまうとのこと。
まあ、それでも観光客が途絶えることはないのでしょうね…。




入場料を払い、中へ入ります。

ぺトラ砂利道

「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」で、
ハリソン・フォードとショーン・コネリーが馬を駆った、
シークと呼ばれる岩の裂け目の道までは、砂利道です。
その先に、シークがあります。

ぺトラシーク

シークの道は、映画とは違い、道は歩きやすく整備されています。

この、岩の裂け目の道を抜けると…

エルハズネ1

エル・ハズネが現れます。

エルハズネ2

映画とは違い、中には入れません。




ここまでが、ぺトラ遺跡で最も有名なパートですが、
ここまでは、遺跡の入口部分にしか過ぎず、
遺跡は、更に奥へと続きます。

そして、一番奥には、
もうひとつの宝物殿、エド・ディルがあり、
その絶景が、ぺトラ遺跡のクライマックスとなる
…らしいです。




なぜ、「…らしい」などと言っているかと申しますと、
実は、ぼくらは、エド・ディルまで行かなかったのでした。

なぜ、行かなかったか、と言うと、知らなかったのです。笑
その手前の博物館までは行ったのですが、
その先に、そんなクライマックスがあるとは知らず、引き返しました。笑

なぜ、知らなかったか、と言うと、
ヨルダン、シリアの歩き方は、持ってなくて、
ヴァラナスィーの「ソナの店」で、必要箇所だけコピーしたのですが、
エド・ディルのページを、取りこぼしていたのでした。

後日、ヨルダンで知り合った旅仲間に、
「エド・ディルまで行かなかったんですか?!」と驚かれて、
はじめて知った次第です。ははは。笑

ちょっとショックで、泣
かなり損した気分になりましが、まあ、後の祭りです。




フツウは、エド・ディルまで行くので、
時間もめいっぱいかかり、相当疲れるらしいのですが、
ぼくらは行かなかったので、あまり疲れず、時間も余りました。

ぼくらが、エド・ディルに行かずに、
何をしていたかというと…

ぺトラ高台

谷間の道の、両脇の高台に登ったり…

ぺトラ驢馬

ロバと遊んだりしてました。




ところで、にちこさんには、
「いつかロバを飼って暮らす」という夢がありました。
それは、いくつかあるうちの夢のひとつでしたが、
その夢が、このぺトラ遺跡で、もろくも崩れ去るという珍事がありました。

それは、こういうわけです。

ぼくらが、遺跡の高台に登って景色を眺めていると、
ときどき、なにかの動物の、とんでもない雄叫びが聞こえたのです。


ヴォヒイィーーーーッ!
ヴォヒッ!ヴォヒッ!ヴォヒッ!ヴォヒッ!ヴォヒィィィーーーーッ!


…あまりうまくカタカナに変換出来てませんが、
こんな感じです。

遺跡全体にけたたましくコダマするその声は、
ナニカの動物の、発情期の断末魔、とでも言いましょうか。
どこか、ひわいで、物悲しい叫び声でした。

最初は、ラクダかと思ったのです。

でも違いました。

にちこさんの夢、ロバです。

なにも、そんな声でいななかなくてもいいのに。笑
そんな鳴き声を発する動物とは、一緒に暮らせません。

にちこさんの夢がひとつ消えました。




そんなこんなで、
PM17:00の、帰りのバス(バレンタイン・インの送迎バス)まで、
3時間ほど時間が余ったぼくらは、
入口のインフォメーションの建物で、休憩してました。

ぺトラおばあさん

そこで出会った、大阪在住のご婦人です。
少しお話させて頂いたのですが、とても面白かったです。

この方は、82歳なのですが、とてもお元気で、
60歳から世界各地を旅し始め、約20年でなんと60カ国もの国に、
行かれたそうなのです。

とても素敵な老後を過ごされているお方でした。
60歳からでも、新しい人生を楽しむことは、ぜんぜん可能なんだな、
と思えて、ぼくらの人生も、まだまだこれからだと、
教えて頂いた気がしました。




この日の夕食は、昨日買いこんでおいた、
カップラーメンと、コーンビーフサンドを、宿の屋上で食べました。

ぺトラ夕焼け

バレンタイン・インの屋上からは、
ぺトラ遺跡のピンクの岩山の向こうに、綺麗な夕日が見えます。




そんな感じで、
ぼくらのぺトラ遺跡観光は、どうにも中途半端に幕を閉じました、
が、中東の旅は、この後が本番でした。

次にぼくらが向かったアンマンからが、
未知なる世界、中東の旅の、本格的な幕開けなのでした。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/09/16(木) 10:58:07|
  2. 中東編:ヨルダン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

はじめまして

こんにちは!はじめまして!
同じく二人で世界一周中のものです。
にちこさんの隣にいたおばあちゃん、うちのきく江ばーちゃんにそっくりです!
関西出身だし、歳も近いし、ばーちゃんの親族かな?って思っちゃいました。
それでは、良いたびを!
  1. 2010/09/16(木) 23:13:34 |
  2. URL |
  3. five leaves  マムイの方 #-
  4. [ 編集]

>five leavesさん

おお!世界一周仲間!
コメントありがとうございます!
実は、おばあさんのお名前は伺ってないのですが、
ペトラでは娘さんとご一緒されてましたよ。
ぼくの更新が遅くて、お会いしたのも5月のことですが、、、
  1. 2010/09/17(金) 01:18:36 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

来年早々にでもチベットに行こうか!なんて言ってますが、60歳以降でもいいかな!なんて思っちゃいました。私も30歳を目前にした時、友達と足腰が丈夫なうちに富士山に登っておこうか!と思い付きツアーに参加た。
そのツアーで一緒だったおばちゃんは85歳。富士山に登るのが夢だったと嬉しそうに言っていたのを忘れないね。それから「もう歳だから~」と馬鹿げに言うのはやめました。笑
  1. 2010/09/18(土) 17:51:32 |
  2. URL |
  3. やすお #-
  4. [ 編集]

>やすおさん

この旅で、すてきな旅好きおばあちゃま、おじいちゃまに
何度か遭遇しました!ほんと、かっけーです。
私達も60過ぎて、チベット行こうかしら~。
60歳でチベットで再会!?
  1. 2010/09/19(日) 01:14:14 |
  2. URL |
  3. にちこ #-
  4. [ 編集]

こんにちは。

お久しぶりです~ぺトラでお会いしたおばあちゃんです。
シリア・ヨルダンの旅行から4ヶ月半・・楽しい思い出です♪
大阪(日本)のこの夏の暑さは異常でした。ここ数日やっと
秋らしくなってきました。
ぶーちゃん・にちこさん・・お元気で旅を続けられている様子^^
食いしん坊さんと好奇心いっぱいのお二人を、時に羨ましく思います。

これからも、気をつけて旅行楽しんでくださいね。
私も、これからどこへ行くか計画中(笑)
お元気で~

  1. 2010/09/28(火) 10:02:34 |
  2. URL |
  3. おばあちゃん&娘(おばちゃん) #qqD8iOQk
  4. [ 編集]

>おばあちゃん&娘(おばちゃん)さま

うわ~!わざわざコメントありがとうございます!!!
ほんとにお久しぶりです!!!
ブログ更新遅くてすいません~!
やっとぺトラまでたどり着きました。
(4ヵ月半もかかったってことですね笑)
ぼくらはいまのところまだ無事です。笑
今は、南米のペルーにおります。
昨日、ようやくマチュピチュに行ってきました!
ブログの方では、現在トルコ、
その後、ヨーロッパ編へと続きます。
またお暇なときにでものぞいてやってください~
  1. 2010/09/28(火) 12:23:51 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/82-cf5cd597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。