小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンタルヤ:迷いに迷ったアンタルヤ。

アンタルヤトップ

トルコ共和国/アンタルヤ(2010年5月15日~5月16日)

着いてすぐに、「あ~間違ったなこりゃ」と思った、アンタルヤです。
トルコは、ほんとどこに行けばいいのかわからなくなってきてしまいました。







前回も書きましたが、
トルコには、見所がたくさんあるはずなのですが、
どこもかしこも観光地で、どこに行けばいいものか、とても迷いました。

なぜなら、ぼくらは、観光地が苦手だからです。

カッパドキアは面白かったけど、じゃあ、次はどこへ行こう?
迷った挙句、オリンポスへ行こうかという話になり、
カッパドキアからオリンポスへのバスチケットを買おうとしたところ、
どのみち、アンタルヤ経由で行くしかないよ、と言われたので、
じゃあ、アンタルヤにも行ってみようか、ということになりました。

カッパドキアのバス乗場から、
PM20:00発(1人35TRY、約2000円)アンタルヤ行バス。
アンタルヤ着は、翌朝AM6:00頃でした。

アンタルヤバスターミナル

トルコの長距離バス事情は、なかなか良いのです。
飲み物や、おしぼりや、オヤツのサービスがあったり、
各バス会社が、バスターミナルから市内までの無料送迎ミニバスを出してたりします。

アンタルヤでは、その無料送迎ミニバスを利用し、
「カレイチ」と言われたところで下車するも、そこがどこなのかさっぱりわからず、
道行く人に道を尋ねつつ、宿まで30分ぐらい歩きました。苦笑
(カレイチというのは城砦の中という意味らしく、アンタルヤの旧市街を指します)

この宿までの道すがら、
アンタルヤのリゾート地然とした町並みを眺めるにつれ、
「あ~、間違ったかなこれは…」という思いがつのりました。

アンタルヤの宿

宿は、女将さんが日本人女性だという、LAZER PENSION です。
(女将さんにはチェックアウト直前まで会えませんでしたが)
交渉して、朝食抜きで、ツインが40TRY(約2300円)。WIFIあり。




アンタルヤは、ぼくらには全くそぐわない、海辺の高級リゾート地です。
ハッキリ言って、間違いました。笑

アンタルヤの海

カレイチと呼ばれる旧市街には、
小奇麗なペンションや、お土産モノ屋とカフェが並び、
海岸沿いには、プライベートビーチを有する、高級ホテルがあったりします。

アンタルヤの港

町の雰囲気は、落ち着いてはいるものの、
アンタルヤに来ている観光客は、裕福そうな欧米人の家族連れや老夫婦で、
明らかに場違いなぼくらには、いささか居心地が悪いのでした。

アンタルヤの港2

それでも、ヨットハーバーのような小さな港では、
地元のカップルが海を眺めていたり、
少年達が、雑魚釣りをしていたりします。

アンタルヤの釣り少年

桟橋で魚を釣る、少年達の装備は、なんと、空き缶のフタでした。
空き缶のプルタブをねじって、ルアー(スピナーみたいな)の代わりにしてました。
針もオモリも浮きも無く、ねじった空き缶のフタを水中に垂らしているだけです。

アンタルヤ釣れた魚

そして、それでもちゃんと、魚は釣れているのでした。

カレイチのメインスポットである、その小さな港をぐるっと見てまわると、
ぼくらのアンタルヤ観光は終わってしまいました。




カレイチには、ぼくらが楽しめるスポットがなかったので、
城砦の外側の、市街の方へ行ってっみました。

アンタルヤの新市街

何軒か、スーパーを見てまわったり、
美味しいパン屋をみつけたりしながら歩きました。

トルコMAX

歩き方には、バザールがある、と書かれていたので、
バザールを探して、随分ウロウロしてみましたが、
どこがバザールなのか結局わかりませんでした。

でも、カレイチよりは、
ぼくらには、こっちの方がいくらか楽しめました。

トルコの町を歩いていると、
こんな風に、店内で女の人たちが何かを作っているお店を
見つけることがあると思います。

ギョズレメの店

女の人たちが作っているのは、ギョズレメです。
中に、ホウレン草やチーズが入っていて美味しいです。

ギョズレメの店2

ぼくらが、店に入って何を頼もうか迷っていると、
女の子2人が、自分達の分を少し味見させてくれました。

ギョズレメの店3

どこから来たと言っていたかは忘れてしまったけど、
彼女達も、アンタルヤに遊びに来ていたみたいでした。





宿に戻る前、城門の前のベンチで、
シャーイを飲みました。

アンタルヤ門の前

ベンチに座っているおじいさん達相手に、
シャーイ売りのおばさんが、トレイにシャーイを乗せて歩き回っているのです。

門の前のシャーイ

ぼくらは、アップルティーの方を頼みました。
トルコは、アップルティーが美味しいのです。

こんなのも食べました。

アンタルヤムール貝

街角で売ってる、ムール貝のドルマです。
ムール貝とピラフが貝殻の皿に乗ってます。
これは、意外と安くて、とても美味しいです。




そんなわけで、アンタルヤ滞在は1泊で終了しました。

アンタルヤでは、もうひとつ偶然の出来事がありました。
驚くことに、モニー君&ようすけ君コンビが、またまた
同じ宿に泊まっていたのでした。

彼らとの遭遇は、これでなんと、5度目です。

モニー&ようすけ5

ぼくらが着いた日に、彼らは出発するところだったのですが、
アレッポから直接アンタルヤに来たのだそうです。

まさか、アンタルヤで、
誰かに会うとは思ってなかったので、お互いびっくりでした。
そもそもアンタルヤに来る予定は、ぼくらも、始めからはなかったのです。

彼らは、「これからパムッカレに行くところです」と、
言っていました。

ぼくらは、アンタルヤに来て、
またどこに行けばいいか、迷ってしまいました。

ほんとは、オリンポスに行くつもりでアンタルヤに来たはずでした。

でもちょっと、アンタルヤの予想が外れすぎてしまって、
オリンポスもどうなんだろ?
ほんとに行ったほうがいいのかな?
と、よくわからなくなってしまったのです。

この時は、完全に迷走状態に陥ってました。
どこか特別行ってみたい場所があるわけでもなく、
とはいえ、せっかくトルコに来たのに、
どこにも行かないのももったいない…。
有名なパムッカレに行って見たほうがいいのだろうか?
それとも、もうどこにも立ち寄らず、
イスタンブールに行ってしまった方がいいのかも…?
いやでもやっぱり、遺跡のひとつも見に行った方がいいのだろうか…?

さんざん迷って、
わけがわからなくなったぼくらは、
思い切って、オリンポスに行くのはやめ、
なんとなく気になっていた、アクロポリスという遺跡のある、
ベルガマという町へ行ってみることにしました。

なんだかヤケクソ気分のめくらめっぽうでしたが、
次はとにかくもうベルガマに決めた!という感じでした。




でもそれは、
大正解だったのです。

次回、ぼくらは、
トルコの田舎町、ベルガマで、
最高の1週間を過ごすことになりました。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/09/28(火) 12:35:54|
  2. 中東編:トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コメント

観光地が苦手か・・・
じゃあ、世界中の人々に愛されている”元祖観光地”HAWAII?WAIIHA?で待ってるからね!
  1. 2010/09/28(火) 12:57:46 |
  2. URL |
  3. やすお #-
  4. [ 編集]

>やすおさん

いやいやいや!ワイハは別物ですから!
ハワイが観光地だろうがなんだろうが、
ぼくらのワイハでの最大の目玉は、
やすお&ポーラ夫妻との再会ですから!
いやほんと、最後に楽しみが出来て、ほんとよかったです。
でも、海も最高に綺麗なんだろうなあ~
ああ、楽しみ!
  1. 2010/09/28(火) 13:15:55 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

ごぶさたでやんす~
あぁムール貝の美味しそ~

観光地で少し浮いてる感のふたりを想像すると
なんだか可笑しいです(^^)

それにしても僕から見ればこの写真の街も
夢の中の街みたいでウッキウキです!!
城なんて言葉、松戸市じゃまるでピンときません(笑)

ふたりが同じ現実の世界にいるような気が
しないです!!

ちなみにこちらはここんとこ急に冷え
秋を通り越して冬が来そうです。
周りに風邪っぴきが増殖中です~
ふたりも体調気をつけて、
引き続き日常にいる僕に夢を見させてください(笑)
  1. 2010/09/29(水) 21:45:26 |
  2. URL |
  3. ぶくやま #-
  4. [ 編集]

>ぷくやまさん

おしさしぶりだよ~!
背中にバックパック、両腕にはスーパーのズタ袋を持った
きったな~いアジア人は、完全にアウェイでした。
それは、ヨーロッパに入ってからもずっとだったけどね。
松戸で、城なんていったら、ラブホテルしかないですわね…。
でも、今の私達には、城より納豆ごはんの方が魅力的です。
これ、現実。笑
  1. 2010/09/29(水) 22:28:30 |
  2. URL |
  3. にちこ #-
  4. [ 編集]

東南アジアから帰ってきて1ヵ月、次はエジプト~トルコ+再びアジア3ヵ月の旅を計画中です☆またまたブログ参考にさせてもらっています!!
ちょっと不安なんですが、中東の陸路は女ヒトリでも行ける感じでしょうか?ずっと行ってみたかったところなので楽しみです!

次回のベルガマ編も楽しみにしています☆わくわく☆
  1. 2010/10/01(金) 05:58:57 |
  2. URL |
  3. mana #-
  4. [ 編集]

かれこれ20年くらい前!に行ったトルコ。その頃はどこ行っても観光スレしてなかったように思います。
船に乗って間違って着いてしまった、マルマラ海に浮かぶ小さな小さな漁師の島。
そこで1日過ごしたんですけど(って、1日2往復くらいしかない便なので)、
そんなトコに来る他人種は珍しいんでしょう、皆(犬にも)に優しくしてもらってとえも思い出深いものになりました!トルコは犬多くなかったですか??
  1. 2010/10/02(土) 05:27:46 |
  2. URL |
  3. sugimoto #HMuAfWaA
  4. [ 編集]

>manaさん

コメントありがとうございます!
中東の陸路移動は女性1人でも大丈夫だと思いますよ~
安全面からいえば、東南アジアよりも安全かと思います。
気をつけるとすれば、痴漢が多いらしい(笑 
あくまでもうわさですが。
エジプトはわかりませんが、中東もトルコも楽しいですよ!
トルコは田舎がオススメです。
  1. 2010/10/06(水) 03:14:15 |
  2. URL |
  3. ぶ- #-
  4. [ 編集]

>sugimotoさん

20年前のトルコ行ってみてえ~!
貴重な体験うらやましいです。
ブログで次回、田舎町のベルガマへ行くのですが、
そこはもう最高でした。
町も人も犬も?みんな優しかったですよ~
  1. 2010/10/06(水) 03:18:55 |
  2. URL |
  3. ぶ- #-
  4. [ 編集]

ギョレメって、カッパドキアの・・・

ギョレメ?クレープ焼きみたいなもの?
  1. 2013/02/03(日) 11:51:13 |
  2. URL |
  3. 魚礼眼 #8j3Eg7C.
  4. [ 編集]

>魚礼眼さん

コメントありがとうございます~
クレープよりはもう少しもっちりした感じでした。
どちらかというと、ブリトーっぽい感じです。
  1. 2013/02/03(日) 13:28:08 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/88-e024a79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。