小さな世界一周

夫婦で世界一周!ぶー&にちこです。長らく中断していましたがブログ再開しました!☆6年前(2010)に旅した世界一周の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トゥルク~ナーンタリ:たのしいムーミン一家。

トゥルクトップ

フィンランド共和国/トゥルク、ナーンタリ(2010年6月9日~6月10日)

フィンランドでムーミンを満喫中!のぼくらが次に向かったのは、
ムーミンを訪ねる旅のもうひとつのみどころ、ムーミンワールドです。






トゥルクには、「ムーミン谷博物館」を見学した後、
タンペレからバスで行きました。

駅のコインロッカーからバックパックを取り出し、歩いてバスターミナルへ。
18:10発トゥルク行は、1人22.4ユーロ(約2530円)。た、高い…。

タンペレバスターミナル

ぼくらは、ヘルシンキ~タンペレ~トゥルクと、
強行軍でしたが、その日のうちに移動したわけです。
タンペからトゥルクまでは、約2時間で到着しました。




バスターミナルから、HOSTEL BOOKERSで予約しておいた
ユースホステルまで歩く途中、何軒もアンティークショップが見られました。
トゥルクは、骨董品のお店がたくさんある町だったのです。

トゥルク宿までの道

トゥルクのユースホステルも良かったです。

トゥルクユース1

ドミは4人部屋でしたが、広かった上に、ドミに他の宿泊客は入って来ず、
ぼくらだけで泊まれました。

なによりこの宿は、キッチンが広くて充実してました。

トゥルクユース2

ヨーロッパに入ってからは、ほとんど自炊でした。
物価が高いので、今までのように安くて美味しい外食に毎日ありつくのは
無理があるのです。スーパーで安くて美味しそうな食材を買って来て、
にちこさんがごはんを作ってくれました。

トゥルク夕食

こんな感じです!けっこう豪華。
フィンランドといえばミートボール。
ミートボールは安くて、たくさん食べました。

トゥルク朝食

朝ごはんもこんな感じ。
この頃から、スーパーに黒パンが見つかるようになりました。
黒パン、めっちゃ美味しいです。安いですし。
ソフィアで買ったハチミツをつけて食べてました。




トゥルクは、楽しい町でした。
何が楽しいって、アンティークショップです!
何軒もあるアンティークショップを、かたっぱしから見てまわりました。

トゥルクアンティークショップ1

もちろん高いものも多いですが、
ぼくらでも手が届く安い雑貨や食器もけっこうありました。

古いスプーンや、かわいい絵柄のたくさんの古切手、
鍵の束、アクセサリー、古いリネンの布、クリスマス柄の布、
古い小さなビンなんかをにちこさんがたくさん買いました。
日本で買うよりずいぶん安く、値引き交渉にも応じてくれました。

改装セールをやってたお店では、
古いアラビアのカップ&ソーサーやお皿を購入!

トゥルクアンティークショップ2

小さなグラス、古いポストカードなんかも買いました。
値段も日本じゃ考えられない安さです。

アンティークの家具屋もあって、
北欧家具が信じられない安さで売ってました。

トゥルクアンティークショップ3

もちろん持って帰れないし、送ったら送料が大変なことになるので、
ひとつも買えませんでしたが。

最高だったのは、このお店。
店主のおばあさん2人は、とても敬虔なクリスチャンの方で、
このお店は、教会のバザーのお店だったようです。

トゥルクアンティークショップ4

かわいいお鍋や、調理器具、古着や食器がたくさん見つかりました。
こんなにたくさん買えるわけないと思いつつ、
とりあえず欲しいものをまとめて値段を聞いてみると…
申し訳なさそうに、アラビアのカップもあるから…という理由で、
「11ユーロになっちゃうわ」と言われました。

え??と耳を疑いました。
これだけ買って、アラビアのカップ&ソーサー2組も入れて、
たった11ユーロ(約1200円)??
教会のバザーってこういうものなんですね。
もちろん、全て購入。

買いすぎちゃったので、
郵便局から買ったものを日本へ小包で発送しました。
配送料は激高です。10kgで約13000円でした…。




トゥルクでの買い物はまだ続きます。

トゥルクアンティーク市場1

広場でも、バザーが開かれていて、
おばさん達が、自分の家の不要品を広げて売っていました。
つまり、フリマです。

何かあるかな~と見ていたら…

トゥルクアンティーク市場2b

発見!マリメッコのトートバッグです。
しかもにちこさんの好きな紺色。

これいくら?とおばさんに聞くと、
おばさんは、指を4本立てました。

ぼくらは、40ユーロか~と思ったのですが、
よくよく聞くと、なんと4ユーロ(約450円)でした。

マリメッコって、
こっちだとおばさんが普段使いするものなんでしょうね。
それにしても値段設定が安い。笑

そんな感じで、
トゥルクでは、買い物をとても楽しんでしまいました。




さてさて、いよいよお待ちかねのムーミンワールドです。

ムーミンワールドは、ナーンタリという町にあり、
ナーンタリへは、トゥルクからバスで行けます。

トゥルクの広場の周りに、市バスのバス停がいくつかあります。
そこから、110番のバスに乗ります。

ナーンタリまでは、1人4.8ユーロ(約540円)。
高いですが、違う市に行くので、市をまたぐと料金が高くつくのです。
ナーンタリまでは、約25分でつきます。

ナーンタリムーミン看板

到着したバス乗場にムーミンの看板!




バスを降りて、歩いてムーミンワールドへ。
でも途中で、子供用のムーミントレインを発見。
無料なので、これに乗って行きました。

ムーミンワールドトレイン入口

ムーミントレインに乗って、ムーミンワールドに到着!

ムーミンワールドは、入り江に浮かぶ、
小さな島がまるごとムーミンの島になっている
テーマパークです。

ムーミンワールド島

島の中は、ムーミンワールドだけ。
島ひとつまるごとテーマパークってのは、なかなかいいですね。

ムーミンワールド入口

入場料は、1日券大人1人21ユーロ(約2300円)。
チケットは、腕輪タイプでした。




さあ!ムーミンワールドにやってきました。

ムーミンワールド1

ムーミン一家の家です。
小さく、ぶーさんとミイが写ってますね。

ムーミンワールドには、
ムーミンの家や、他にもいろいろムーミン谷にある家々が
実際にあるのです。

ムーミンワールド2ミイ

そして、ミイだけでなく、
ムーミン谷の住人たちもここで暮らしているのでした。

ムーミンワールド3みんな

こんなふうに!

ムーミンワールド4写真

写真撮りまくり。笑

子供たちもみんなムーミンたちと一緒に写真撮ってました。

一番人気はムーミンママ。
一番不人気そうだったのは、ムーミンでした。

ムーミンワールド5連行

着ぐるみが休憩に入るときは、
必ずおまわりさんに何か注意されて、
どこかに連行されてました。




ミイとスニフとスナフキンが、
仲良し三人組という設定らしく、いろんなことして遊んでました。

ムーミンワールド6くだもの

川に落とした果物を拾ったり、

ムーミンワールド7おえかき

地面でお絵描きをはじめたり。

そうやって三人が遊ぶと、
子供たちも一緒に遊ぶわけですね。

三人が描いた絵がほしくて、
スナフキンに欲しいと言ったらくれました。笑

ムーミンワールド8スナフキン

びっくりするほど絵がヘタなスナフキンですが、
なかなかいい絵です。笑




ムーミン一家の家の中です。

ムーミンワールド9家の中

ムーミンパパとママの結婚写真が最高でした。




他の住人の家や、消防署や警察署もあります。

ムーミンワールド10消防署警察署

ぶーさんも警察署の牢屋に入ってみたり。

この牢屋には、その後、
スティンキーが何か悪さをしたらしく…

ムーミンワールド11牢屋

捕まえられていました。




例の桟橋も水浴び小屋もちゃんとあります。

ムーミンワールド12桟橋

桟橋には、怪獣エドワードも。

ムーミンワールド13怪獣

ユルいです。




ムーミンワールドには、
小さなビーチもあるんです。

ムーミンワールド14ビーチ

かわいいビーチで、子供たちが遊んでました。
なんかもう、雑誌の1ページみたいな光景でした。

ここで、持って来ていたお弁当のサンドイッチを食べました。




ムーミンパパの船、海のオーケストラ号まであります。

ムーミンワールド15船

この船のそばで、おしゃまさん(トゥーティッキー)が、
紐の編み方ワークショップをやってて、
ぼくらも教えてもらって編みました。

ムーミンワールド16おしゃま

紺がにちこさんで、赤がぶーさん。




スナフキンのテントもあります。

ムーミンワールド17テント

他にもいろいろいます。

ムーミンワールド18いろいろ

ユルいです。笑




森から戻って来たら、
みんなで輪になってダンスしてました。

ムーミンワールド19ダンス

楽しいです。

ムーミンたちのショーステージもあります。

ムーミンワールド20ステージ

ムーミン谷の郵便局から、
絵はがきも出しました。

ムーミンワールド21郵便

ムーミン谷博物館から出してもそうだけど、
ムーミンの消印が押してもらえます。

売ってる絵はがきがこれまたすばらしい。

この着ぐるみたちの絵はがきは、
たぶん、ここでしか売ってないと思います。
(他では見かけなかったので)




そして!最後のお楽しみはムーミンショップ。

ムーミンワールド22ショップ

ここでは、買いまくってしまいました…。
日本で売ってるものもたくさん売ってましたけどね。




ムーミンワールドは、
ディズニーランドとは比べちゃいけないぐらい
ユル~いテーマパークですが、
ムーミンをよく知ってるムーミン好きには、
たまらない場所です。

ムーミンを知らない人には、なんだこりゃって場所かもしれないけど。笑

でもぼくらは、
予想以上にとてもとても楽しんでしまいました。笑




ムーミンワールドのある、
ナーンタリの町も、かわいらしい家が並ぶ町でした。

ムーミンワールド23ナーンタリ

ムーミンカフェはやってませんでした。




トゥルクの町に戻ったぼくらは、
イトーヨーカドーのような、ショッピングセンターに
入ってみたのですが…

ムーミンワールド24デパート

ムーミンショップで売ってたムーミングッズや、
イッタラやアラビアなんかが、たくさん売ってました。

ムーミングッズは、ムーミンショップより更に少し安かったです。
このへんの物を買うのは、こういうショッピングセンターが
オススメかもです。




というわけで、
トゥルクの町と、ナーンタリのムーミンワールドを満喫したぼくらは、
夜行バスでヘルシンキに戻ります。

深夜発のバスに乗りたかったので、
バスターミナルのチケット売場の中で夜更かししようと思ったら、
チケット売場は、21:00までだったらしく、閉まってました。

トゥルクバス停留所

しばらく、バス停のベンチで時間をつぶしてましたが、
寒すぎたので、近くのマックに移動しました。
(マックはWIFI飛んでました)

何時間待ったかよくわからないけど、
結局、AM3:00のバスでヘルシンキへ。

バスチケットは、車内で購入出来ました。




フィンランドは、物価も思ってたほどではなく(まあ高いですが)、
ムーミンも満喫出来たし、ほんと最高でした。

フィンランドは、いつかまた絶対来たいと思います。
フィンランドだけでなく、次回はスウェーデンとノルウェーにも
行ってみたいな~。

ほんとはもっといたかったけど、
とりあえず今回はここまでです。




フィンランドの次にぼくらが向かうのは、
バルト三国のひとつ、エストニアです。

前にも書きましたが、
今回ぼくらは西欧の国々にはほとんど行かず、
あまり知らない、東欧の国々を中心に、
ヨーロッパを旅することにしました。

次回から、その「東欧の旅」のはじまりです。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキング投票1日1回クリックご協力お願いします!

  1. 2010/11/13(土) 21:42:01|
  2. ヨーロッパ編:フィンランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

お久しぶりです!
mixiから度々拝見しております。
ムーミンの着ぐるみたちゆるくて最高ですねww
フィンランド私もいつか必ず訪れたいと思ってます。ぶーさんのブログを読んで、行きたい熱がますます上昇中です!
旅も残すところあと少しでしょうか?元気に帰国してくださいね。
  1. 2010/11/15(月) 01:37:51 |
  2. URL |
  3. キノコ #-
  4. [ 編集]

>キノコさん

おひさしぶりです!
フィンランドよかったですよ~!
ムーミン好きか、北欧好きなら、
ヘルシンキ周辺を巡るだけでも相当楽しめます!
予算と時間があれば、北部でオーロラやサンタクロースにも出会えますしね。
今回、外食しなかったので、「美味しくない」と定評のある
フィンランドの食事に関してはよくわかんないですけれども。笑
  1. 2010/11/15(月) 10:29:43 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

>マリイさん

ご結婚おめでとうございます!!
ムーミン谷で挙式とは!素晴らしい&うらやましい!笑
すてきな結婚式になりそうですね!
  1. 2011/05/24(火) 08:48:25 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlesekai1.blog99.fc2.com/tb.php/97-aa668bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。